どこから来たの? 1/4話(出典:碧巌録第七十六則「丹霞問甚処来」)

米びつの隅に残ったコメの粉のように細かく、氷のように冷たい。
天地の間を埋め尽くし、明るいとか暗いとかを超越している。
高さを測ろうとしてもテッペンは見えず、低さを測ろうとしても底が見えない。

・・・さて、いったいこれは何の話でしょうか?

押さえ込んだり好き放題させたり、これってまるで師匠が弟子を鍛える時のやり方みたいですよね。

それはさておき、丹霞(たんか)和尚と寺を訪れた僧侶の会話は以下のとおりです。

丹「おいアンタ、いったいどこから来たんだい?」
僧「いや、山の麓から来たんですけど?」

丹「メシは喰ったか?」
僧「ゴハンですか? ええ、さっき食べ終わりましたけど、それが何か?」

丹「オマエにメシを喰わせたヤツに眼はついていたか?」
僧「???」

なんというか、わけのわからない会話ですが、これはいったい何の話なのでしょうね?

丹霞和尚の人のワルさだけが際立つエピソードですが、私なら最後の質問には「ええ、和尚と同じヤツがついていましたとも!」とでも答えるところです。

和尚が亡くなってかなり経ってから、弟子筋の長慶和尚と保福和尚が、このエピソードについてこんな会話をしています。

長「メシを喰わせてくれたんだから、いい人なんだよね? なのに、なんでまた眼がないとかいうんだろうか?」
保「喰わせる方も喰わせてもらう方も、どちらも見えているとは思えんなぁ。」

長「いや、どちらも一所懸命やっていると思うんだけど、それでも見えていないというのかい?」
保「それじゃあナニかい、オレには見えていないっていうのかい!」

・・・なんでしょうね? このグダグダ感は。

私なら「どちらも一所懸命やっていると思うんだけど、それでも見えていないというのかい?」とか言われた時点で「このメクラめ!」と言ってやるところですけどね。

―――――つづく

☆     ☆     ☆     ☆

※超訳文庫が電子書籍化されました。第1弾は『超訳文庫アングリマーラ Kindle版』(定価250円)です。どうぞよろしくお願いいたします。〈アングリマーラ第1話へ〉