カモは飛んだか? 3/3話(出典:碧巌録第五十三則「馬大師野鴨子」)

まぁしかし、師匠としては「コイツ、肝心なところがわかっとらんな!」という場面においては「わけわからん」と言われようが「シュール」と言われようが、グダグダ覚悟で敢えて実力行使にでることもあるのかも・・・

このエピソードに対し、雪竇和尚は次のようなポエムを詠んでいます。

はてさてカモは今どこに?
師匠が必死に教えても、芸風の違いはどうしょもない。
それにしても「飛び去れ!」と言いながらガッツリ捉まえるなんて、全くもってどっちやねん!・・・

考えてみれば、馬祖和尚の「どこへ行くのか?」という問いは、これ以上ないぐらいストレートな直球勝負です。

にもかかわらず、エース級の弟子が「飛んでいってしまった」などと大ボケをかましてきたので、全力でツッコミを入れたというのがこのエピソードの真相なのではないでしょうか。

雪竇和尚の「「飛び去れ!」と言いながらガッツリ捉まえるなんて」という指摘はなかなか痛いところを突いています。

ここで「叫び声をあげればいい」と考えるのはまるでイケていないというのは先にも言いましたが、かといって「ここで叫ばなければいつ叫ぶの!?」と聞かれたら、私も返答に窮してしまいます・・・

さてさて、どうやったら「飛び去」れるのでしょうか?

読者の皆さん、そこのところ、一緒に考えてみようではありませんか。

<カモは飛んだか? 完>

☆     ☆     ☆     ☆

※超訳文庫が電子書籍化されました。第1弾は『超訳文庫アングリマーラ Kindle版』(定価250円)です。どうぞよろしくお願いいたします。〈アングリマーラ第1話へ〉