アルファ碁VS柯潔九段 年末では遅い。明日対局せよ。

囲碁用人工知能「アルファ碁」が韓国のイ・セドル九段を破り、世界に衝撃が走ったのが2016年3月のことだった。
囲碁はたいへん難解なゲームで、コンピュータが人類トップに追いつくのは少なくとも10年先と思われていたこと、イ・セドル九段がまさに人類トップの一人であることが衝撃の理由である。
しかしセドル九段は最新の世界ランキング1位ではなく4位である。1位は中国の18歳の天才柯潔(かけつ)九段。その柯潔九段が年内にアルファ碁と対戦するというニュースが飛び込んできた。
柯潔九段は3月の時点で「わたしならアルファ碁に勝てる」と発言している(その後ややトーンダウンしたが)。囲碁ファンならずともワクワクするところだろう。

わたしは実は3月のアルファ碁VSイ・セドル九段対戦時、結果以前にこのマッチが成立したことに驚いていた。トッププロとしては負けたとき失うものがあまりにも大きいからである。囲碁AIがプロ棋士と対戦するなら、言い方は悪いがもっと下のランクから始め、勝ったらより強い相手という段階を踏むのが順当かと思っていた。

ところが、いきなりイ・セドル九段であった。

2015年10月に欧州チャンピオンが囲碁のプロ棋士として初めてコンピュータ(アルファ碁)に敗れているが、囲碁は圧倒的に中国・韓国・日本が強く、欧州チャンピオンは世界トップレベルには遠く及ばない。

推測だが、セドル九段はアルファ碁との対戦を対等の勝負とは見ていなかったのではないだろうか。
対戦を申し込まれたとき、当然セドル九段はアルファ碁VS欧州チャンピオンの棋譜を見ただろう。プロ棋士なら棋譜を見ればどの程度の実力かはすぐに見抜ける。そして負けるわけがないと判断し、真剣勝負というより指導対局のつもりで引き受けたのではないか。

セドル九段ほどの実力者、その棋譜の判断に誤りがあったはずはない。にもかかわらず驚くべき結果が待っていたのは、去年10月のアルファ碁と今年3月のアルファ碁は別人(?)だったからだろう。

5ヶ月で囲碁AIがどれほど進歩するかをセドル九段は見落としたのだ。人間なら5カ月で別人のように強くなることはあり得ない。囲碁の天才であってもコンピュータの専門家でないセドル九段は、どうしても人間の上達速度が先入観として頭にあったのではないか。

しかしそれは間違っていた。

人間において最善の上達法は「自分より少し強い相手と対戦すること」である。だから強くなればなるほど上達速度は落ちる。ちょうどいい相手と対戦することが少なくなるからだ。最強となった者がさらに強くなるのが最も難しい。

自分と同等の相手と対戦するのが次に良い方法で、アルファ碁はまさにこれをやった。2015年10月までに3000万局の自己対局(アルファ碁VSアルファ碁)を行ったという。

3000万局。この数字は実に雄弁だ。人間が一日に対局できる数はごくわずか、プロレベルの真剣な対局となると一日数局が限度であろう。
この差がそのまま上達速度の差となるとすれば?
次元が違うとしか言いようがない。

☆     ☆     ☆     ☆

冒頭のニュースに戻る。

6月7日の中国メディアによると、中国国家体育総局囲碁運動管理センター書記(長いよ)の楊俊安氏が、「中国囲碁協会とグーグルのアルファ碁チームが協議中」で、「突発事態がなければ人間とロボットの最後の対決が年内に行われるだろう」と話したという。

二つのことを言いたい。
まず「人間とロボットの最後の対決」とはどういうことか。「柯潔九段でも歯が立たなかった」という結果を前提とした言葉のように見えるのはわたしの勘違いか?

もう一つ。こちらがより重要だ。
「年内では遅い。明日にでも対局した方がいい。3月から時間はあったではないか!」

コンピュータ(AI)が囲碁において人間をはるかに上回るときが来るのは疑いようもない。
十年後ふりかえれば、それが2016年だったか2017年だったか、最後に最強コンピュータに勝った人類がイ・セドルだったか柯潔だったかは、たいした違いではないだろう。
しかし今リアルタイムで、人類最強とコンピュータ最強の対戦をどちらが勝つかわからない状態でハラハラしながら見ることができるのは、この時代に生きている者だけの特権なのだ。

アルファ碁は一日ごとに強くなる。いや厳密には一秒ごとかもしれない。
柯潔九段の5連敗など見たい人はいないだろう。どちらが勝つにしても激闘を見たいはずだ。
一日も早い対局実現を願っている。それが激闘となる可能性を最大にすることだ。

記事リンク 中央日報(2016年06月07日)http://japanese.joins.com/article/610/216610.html

アルファ碁はグーグル傘下の企業ディープマインド開発の囲碁AI。公式サイトトップには誇らかに「囲碁のプロ棋士を破った最初のコンピュータプログラム」と書いてある。https://www.deepmind.com/alpha-go.html

(柯潔九段は、カージエ九段とも)

アルファ碁はなぜ人間に勝てたのか 斉藤康己

amazonで見る

人工知能は碁盤の夢を見るか? アルファ碁VS李世ドル

amazonで見る