してもらったことは倍に、してあげたことは半分に評価しよう。

1、
してもらったことは倍に、してあげたことは半分に評価しよう。人は身びいきだから、本当はそれくらいでちょうどいい。

2、
何を言っても否定的な反応をする人がいる。それは無理、つまらない、どうせできない。そういう人はあなたをなるべくできない人にしておきたいのだ。そうすれば自分のほうが優位に立てるから。そういう人とはつきあわないのが一番。

3、
上から目線上から目線という人ほど、人間を上下に分ける価値観にとらわれている。フラットに見られる自分であるならば、どこから目線の発言であろうと、その内容だけで判断できるはず。
上から言われようと下から言われようと、理のあることは理のあることで、理のないことは理のないこと。

4、
片づけるとは捨てることだと考えている。捨てたくなければ新しいものを買わないことだとも考えている。しかしわたしがもしオーストラリアに定住し敷地が1000坪、部屋数が50だったら違った考え方をしただろう。

5、
天災等の大変なことが起きたとき。
何かしなければいけないと思う。
善意は絶対的に必要だ。なるべく正確な情報も。
しかしそれだけでは充分でない。
判断に必要な情報がぜんぶそろうことなど決してない。
足りない分を埋めるのは想像力だ。
これが正確でないと、善意でひどいことをしてしまう可能性すらある。
少しでも正しく想像すること。それが少しでも正しい行動につながる。
「問われているのは想像力だ」

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内>