兄さんは悪者になった1

兄さんは悪者になった1 クレーン謙

4歳の頃、双子の弟は兄にこう言った。
「僕、大きくなったら正義の味方になるんだ」
レゴブロックで遊んでいた兄は手を止め弟に聞いた。
「どうしてだい?」
「だって、かっこいいんだもん。テレビに出てくる正義の味方はみんなかっこいいだろ?」
「じゃあ、僕も大きくなったら正義の味方になろうかな」
「お兄ちゃん、それはダメだよ。正義の味方は一人しかいないんだから」

そのように言われ、兄はしばらく考え込みこう言った。
「分かったよ。正義の味方はキミに譲るよ。僕は大きくなったら悪者になるよ」
「ありがとう。でもどうしてお兄ちゃんは悪者になるんだい?」
「バカだなあ。だって、悪者が居なきゃ正義の味方が活躍できないじゃないか。それはクリープだけのコーヒーみたいなもんだよ」
「クリープだけのコーヒー?」
「今思いついたんだよ。この世に正義しかなかったら、誰もそれを正義だと思わないだろ?」
「お兄ちゃんは頭が良いんだね!」
「それはそうさ、だって悪人の方が悪知恵が働くもんなんだよ」
と兄は悪人のような表情をしながら弟に言った。

弟思いの兄は弟に約束した。
「僕はキミの為に悪人になるよ」
「お兄ちゃん、ありがとう!僕はきっと正義の味方になるよ!」

次の年、双子の兄弟が5歳になる頃、二人の両親が交通事故で亡くなった。
二人はそれぞれ別の里親に引き取られる事になったのだった。

弟はとても裕福で暖かい家庭に引き取られ、幸せに育ち大学に入学し、卒業後に新聞社の記者になった。
一方、兄はとても貧しい家庭に引き取られ環境の悪いスラム街で青春時代を過ごした。
兄はスラム街のギャングになり、成人する頃には、持ち前の頭の良さで、その頭角を現しギャングのボスになっていた。

・・・・・ある日の事、兄がテレビを見ていると隣町に「正義の味方」が現れたと報道していた。
正義の味方は覆面をしており、正体は不明だがどこからともなく現れ困っている人を助け、悪人を退治するのだという。
兄は直感的にこの正義の味方は弟だと悟ったのだった。

しかし隣町は比較的治安も良く、弟が活躍するには不十分だった。
兄は弟との約束を忘れてはいなかった。
兄は弟の為に隣町までギャングを引き連れ、悪事を尽くす事に決めた。

コスチュームも揃える事にした。
正義の味方は青いスーツに正義の頭文字「S」のロゴが入っていたので、兄は自分の覆面スーツを全て黒色に統一して悪党の頭文字「A」のロゴを入れた。
あまり格好が良いとはいえなかったが、これ以外に思いつかなかったのだ。

悪党は神出鬼没に町中に現れ悪事を働くようになった。
正義の味方は大忙しだった。
悪党一味は数多くの事件を起こし、そして正義の味方はそれらの事件を解決していった。
しかし悪党の一味は根絶する事が出来ずにいた。
手下は捉えても悪党のボスは捕まえる事が出来なかったのだ。
まるで正義の味方の事を知り尽くしているかのようだった・・・・・。

正義の味方は不思議に思った。
「・・・いったい悪党のボスの正体は誰なのだろうか?」

――――つづく