マリモちゃん(前編)

むかしむかし、マリモちゃんは湖の底に住んでいました。
月光が輝くある夏の夜、マリモちゃんが目を覚ますと全身を覆っていた緑のフサフサが無くなっていました。
「あら、なんという事!」
マリモちゃんは、まるで皮のむけたブドウのようになっていました。

他の仲間はマリモちゃんの姿を見て言いました。
「君はもうマリモの仲間じゃない!ここから出ていけ!」
このようにしてマリモちゃんは湖を出る事になったのです。

湖から陸に上がると、緑のフサフサがないので風が直接マリモちゃんの体にあたりました。
少し寒かったのですが、外の空気はとても気持ちよく感じました。
マリモちゃんは初めて空気を吸ったので、とても幸せな気分になりました。
「空気って、こんなに美味しかったのね!それに、この風!なんて気持ちがいいのかしら!」
どこかに喜びを分かち合える友達は居ないかと、あたりを見ましたが誰もいません。
そこでマリモちゃんは旅に出る事にしました。
途中、凍えてはいけないので、陸に生えているコケを体に巻きました。
マリモちゃんが振り返ると、かつての仲間達が緑のフサフサに包まれ湖の底で平和そうに
ユラユラしているのが見えました。

「でも、湖のマリモ達は私のように陸の気持ちよさや空気の美味しさを知らないんだわ!」
そう考えるとマリモちゃんは元気になりました。

朝になりました。
強い日光がマリモちゃんに照りつけます。
太陽を初めて見るマリモちゃんは太陽の暖かさに感動しましたが、太陽が真上に照りつける頃には体が焼けるような暑さになっていました。
「ああ。このままでは干上がってしまうわ」
マリモちゃんは周りの植物や虫達に頭を下げて水を分けてもらいました。

とても情けない気持ちでしたが、分けてもらった水を飲むとその美味しさに驚きました。
「水がこんなに美味しいなんて!湖に住んでいると、水があるのが、当たり前になってしまうのね」
マリモちゃんは何日も何日も歩き続けましたが、同じような仲間には会う事が出来ません。
夜になると、寒くなりマリモちゃんはブルブル震えながら夜を過ごしました。
マリモちゃんは寒さと寂しさで湖が恋しくなりました。

「湖の神様!どうして私だけ、このような目に遭うのですか?」
マリモちゃんが寒さに震えながら言うと、そこへ湖の神様が現れました。
本当に神様が現れるとは思わなかったので、マリモちゃんは驚きました。

神様はマリモちゃんに言いました。
「湖を出た勇敢なマリモよ、安心したまえ。そなたは、かならず仲間に出会うであろう。
北へ北へと向かうがよい」
「神様、仰せのとおり、北へ向かいます!・・・でもこのままでは私は寒さで凍え死んでしまいます!」
「安心しなさい。そなたに火を起こす魔法を授けよう。この呪文を唱えると、たちどころに火をおこす事ができる」
湖の神様はマリモちゃんに、その呪文を教えました。

マリモちゃんがその呪文を唱えると、足元にパッと火がつきました。

「湖の神様、ありがとうございます。これで凍え死ぬ事はないでしょう。
・・・・・でも教えてください!私はどうして湖から出なければいけなかったのですか?
おまけに、緑のフサフサまで全部なくなってしまって・・・」
「それは北へ向かうと分かるだろう」
そのように神様は言うと、フッと姿が消えてしまいました。

マリモちゃんは勇気を振り絞り、北へと向かう事にしました。
火のおかげで、もう寒くはありません。
何日も何日も、マリモちゃんは歩き続けました。
途中で恐ろしいケモノ達が、マリモちゃんを襲って食べようとしましたが、魔法の火のおかげで、ケモノたちを追い払う事ができました。

マリモちゃんが北の大地に着くと、湖の神様が言うとおり、そこには大勢の仲間が居ました。
そこでは緑のフサフサがなくなった大勢のマリモ達が寒さに震えながらすごしていたのです。
マリモちゃんは、魔法で火を起こし寒さで震えるマリモ達を驚かせました。

「見ろ!あのマリモは空中で火を起こしたぞ!」
「魔法使いだ!」
「・・・いや、我々の救世主だ!」
「彼女は我々の女王様だ!」

マリモちゃんは女王としてマリモ達に迎えられ、そこで暮らす事になりました。
そして何年も過ぎました。
女王の火のおかげで、マリモ達の暮らしは良くなり、幸せな日々が続きました。
マリモ達は子供を作り、マリモの数は増えていきました。
やがて、そこにマリモの町ができました。
町は何年もすると国になり、女王の為の立派な宮殿が建てられました。

女王になったマリモちゃんは大きな祭壇を作り、湖の神様へ感謝しました。
でもあの日以来、湖の神様は女王の前には現れません。
マリモの国は平和に発展を続け、そして、何年も過ぎていきました。

――――つづく

☆     ☆     ☆     ☆

※ホテル暴風雨の記事へのご意見ご感想をお待ちしております。こちらから