花火師1

白髪まじりの眼光が鋭いその男は、国一番の花火師だった。
その花火師の右に出る者は誰も居ないと言われており、花火大会の季節になると花火師は花火を打ち上げる為、国中を旅して回っていた。

今日も花火師は地方都市の花火大会に向う為、打ち上げ花火を乗せたトラックの助手席に座っていた。
隣では花火師の弟子がトラックのハンドルを握っていた(そこの花火屋では伝統的に代々一人だけ弟子を取り、その弟子だけに代々伝わる技術を修得させていた)。

花火師はニコチンが30ミリグラムもあるタバコをひたすら吸い続け空を見上げていた。
花火師は酒を飲まなかった。
15の時に花火屋に弟子入りしてからというものの、花火師は半世紀も煙を吸って生きてきた。
50年間、彼は火薬と煙にまみれて生きてきた。

煙は彼にとっては酸素と同じような物なので、煙が無い所は居心地が悪かったのである。
花火が生き甲斐なので、彼は酒を飲もうと考えた事もなかった。

また彼は音楽にもあまり興味が無く、したがってトラックの中には音楽もかかっておらず、生来無口な人間だったので、トラックの中はエンジンの回転する音とハイウエイを走行するタイヤの音しか聞こえなかった。

親方が無口な事は承知している弟子だったが、さすがに沈黙に耐えられず、ハンドルを握りながら沈黙を破った。
「・・・・先生、今晩晴れるといいですね」

15秒の沈黙を置いて花火師は口を開いた。
「晴れる」

花火師は天気を読む名人でもあった。
雨が降るかどうかだけではなく、風向きも花火の打ち上げに影響を及ぼすので、天気を読む事は花火師にとっては死活問題なのだ。

その後、話すべき話題が何も無くなったので、二人は黙り込み、そしてトラックは花火大会が催される会場へと走行していった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

花火大会も終盤に近づいてきていた。
花火師とその弟子は汗だくになりながら次々と花火を打ち上げていた。

弟子が導火線のスイッチを入れると、鉄製の筒は火柱を上げ花火の玉を夜空に向け打ち上げた。
シュルシュルシュルという音をたて三尺玉が夜空へと舞い上がり、ピカッと光りながら炸裂した。
0.5秒後にズドオオーンという轟音が二人の腹に響き、錦冠の銀色の花が夜空に咲いた。

「フン、今のはお前が作った玉だな。まだまだ星の詰めが甘いな」
と花火師は弟子に言った。

自信の作品だと思っていたのに、師匠にそのように言われたので弟子は少し不機嫌になった。

「・・・・・星を詰める間隔が不揃いなのだよ。まだ分からんだろうな。玉の中に星を詰める時にお前は念がこもっていなかったのだ。ワシには今のを見ただけで玉を作っている時に、お前が何を考えていたのか分かるぞ。どうせ、女の事でも考えていたんだろう。・・・・お前は花火に込めている愛情がまだまだ足りんな」

「・・・・・・・・・・」

「たとえば、次に打ち上げるスターマイン、お前は少し手抜きをしたな。
二重目の層がまだ十分に乾燥していないのにお前は火薬を詰めただろう?」

図星だったので、弟子は驚いた。
「先生、どうしてそんな事まで分かるのですか?」

「匂いだよ。ワシは玉の匂いを嗅ぐだけでその出来が分かるのだ。目をつぶって火薬の匂いを嗅ぐだけでも、ワシには全ての粉の違いが識別できる。勿論、花火が散る時の音だけでもその出来不出来が分かる」

それを聞き、弟子は師匠はやはり国一番の花火師であると確信した。

「先生、先生にはもう同レベルのライバルなんか居ないでしょう?」

「・・・・いや、居る。ワシよりも凄いのが居るぞ」

弟子は自分の師匠が国一番の花火師である、と確信をしていたので、師匠以上の腕前の花火師がいるとは信じられなかった。

「・・・いったい誰ですか、それは?」

――――続く

☆     ☆     ☆     ☆

【告知】ホテル暴風雨2周年を記念して初のリアルイベントを行います。
4月12日~4月24日、ネット上の仮想ホテルが2週間だけ池袋に出現します。
4月22日はクレーン謙さんのトークショーです。ご来場心よりお待ち申し上げております。
詳細こちら→ ホテル暴風雨2周年記念イベント「心しか泊まれないホテルへようこそ」