8. That’s Really Super Supergirl / XTC(ザッツ・リアリイ・スーパー・スーパーガール / エックス・ティー・シー)

いかにも英国的というようなヒネクレポップのロックバンド、XTC( エックス・ティー・シー) が1986 年に発表したアルバム「スカイラーキング」の中の収録曲。このバンドもエルビス・コステロ同様、パンクロック風なイメージでデビューしたのですが、その後は段々ビートルズ的なポップセンスを発揮して行き、ヒネリの効いた極めて良質なポップ・ロックナンバーを作り続けました。(とても残念なことに2005年以降は活動停止状態です)

ご紹介の曲は、恋愛に関してまさに「飛んでる」彼女に翻弄される男が「あれこそホントのスーパーガールさ」と冗談っぽく嘆く歌。

「僕の心がボロボロなのは判んないだろうね/X線の眼が使えるくせに」とか「クリプトナイトみたいに僕を傷つけ/跪かせる」など、洒落の効いた歌詞で弱気な男心が表現されていて、曲調もどこかすっとぼけていて、しかもカッコイイ。なんともチャーミングな一曲です。

←前の絵をもう一度観る

次の絵を観る→

ギャラリー入口に戻る


トップへ戻る