5. きらきら

(2010年)水彩紙/アクリルガッシュ・デジタル

誰だったか、星のかたちをよくある一般的なかたちで描くのは記号的で、そのひとの個性が出ていない星のかたちだと言われたことがありました。音を音符のかたちで描くのも個性がないとも言われました。
自分なりの星ってなんだろう?と考えながら描いていたと思います。自分なりの音のかたちも描いてみたいです。

←前の絵をもう一度観る

次の絵を観る→

ギャラリー入口に戻る


トップへ戻る