5. 中央線

この絵は、矢野顕子さんの「中央線」を聞いて絵にしたものです。(原曲は、宮沢和史さんです)

君の家のほうに 流れ星が落ちた
僕はハミガキやめて 電車に飛び乗る
今頃君は 流れ星くだいて
湯舟に浮かべて 僕を待ってる

走り出せ 中央線
夜を越え 僕を乗せて

私が初めて上京したのは22歳の頃でした。
当時は、阿佐ヶ谷に住んでいました。
とても心に沁みた曲でした。
どうしても絵にしたかったのです。

←前の絵をもう一度観る

次の絵を観る→

ギャラリー入り口に戻る


トップへ戻る