将棋ストーリー「王の腹から銀を打て」第17回

「どうも佐野の言う方が正しいよ。同じメンバーでがんばろうぜ」
と、トモアキは言った。
もともとトモアキはチームを強くするために、メンバーチェンジとは別のことを考えていた。

「でも佐野は弱い」
まだ不満そうに言うジュンを冷ややかににらんでアサ子は言った。
「秋までに追い抜いてみせるから」

やれやれ、ひどいチームワークだ。こんな言い争いを続けさせておいてもいいことはない。トモアキは割って入った。
「あのさ、どうせ佐野だけじゃなくて、みんなが強くならなきゃいけないと思うんだ。冷静に考えればと金倶楽部はやっぱり強い。昨日おれたちは別に運が悪くて負けたんじゃない。それは認めなきゃいけないと思う。新庄くんもそう言ってた。今のままじゃ勝てないって。じゃあ、どうすれば半年であいつらに勝てるようになるかなんだけど――」
「将棋強くなるにはがんがん将棋やるしかないだろ」
「もっと効率のいいやり方がないかと思ってさ」
意味ありげに言葉を切ったトモアキに、アサ子がきいた。
「何か考えがあるの?」
「うん。まあね」
トモアキは昨晩から考えていたことを話した。

☆     ☆     ☆     ☆

カズオはトモアキの電話を受けたあと、しばらく考えてからシュウイチの部屋に行った。シュウイチは一人で盤にコマを並べて将棋の研究をしていた。

「トモアキくんがね、兄さんにコーチをたのんでくれって言うんだ」
「なんで。同好会の人、教えてくれないのか?」
うで組みして盤をにらんだまま、シュウイチはたずねた。
「教えてくれるよ。でも、もっと強い人の方がいいって。同好会は二段と初段の人が一人ずつで、あとはだいたい級の人なんだ。トモアキくんに、兄さん四段だって話したから」
「その子、わかってないんじゃないか? コーチは強けりゃいいってもんじゃないぞ」
「でもぼくも兄さんがいいと思うんだ。だって兄さん教えるのうまいもんね」

――――続く

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨の記事へのご意見ご感想をお待ちしております。どうぞこちらへ


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る