小説家誕生の裏の屍

「ルシファンは早熟な娘だった。彼女は14歳にして小説を書き、小説家を目指していた。」

少女というのはしばしば早熟なものです。何と比べてって、それは少年と比べて。
生物学的な違いと言ってしまえばそれまでですが、14歳の人たちにとって理屈など問題ではないでしょう。

ええ、そうですとも。大人になった皆様はよくご存じの通り。
地獄です。
いえいえ、ほんの冗談です。

北野玲様の1666号室更新です。
「悪魔談 第4回」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る