科学者がクリスチャンであるのはおかしいのか?

「科学者がクリスチャンだなんて、おかしいだろ?」
アメリカ東海岸の研究所にいたころ、みやちさんは同僚のアメリカ人にそう言われたそうです。
科学者がクリスチャンであるのはおかしいのか?
非科学的な宗教を信じることと、科学的真理を追究することは矛盾しているのか?

誰にとっても興味深いテーマですが、科学者であるみやちさんにとっては特に避けて通れないところなのでしょう。

今日の「脱宗教の時代に宗教について考える」は「宗教と科学」です。
「錯覚」そう見えるということと、「事実」そうあるということについて考えます。

「脱宗教の時代に宗教について考える」へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る