きくらげ

・・きくらげ

きくらげはゆっくりてあしをのばした
いいゆだあ
からだじゅうですいこんだ
すこしずつみちてくるむかしのちからおもいだすかこ
この、かんぶつめ
そのことばとともにきりきざまれて
すらいすきくらげ
まだあのときはかんぶつじゃなかったんだけどなあ と
さびしくほほえんで
それからあなたのひょうじょうをどうごかいしたのか
いそいでいった
たべていいんだよ、ぼくはきくらげなんだから

じゅうごふんがたった
すっかりもどったきくらげを
おいしくたべたあなた
このよならざるものがとがめるとしても
きくらげはすでにゆるした