森信雄七段インタビュー「才能とは何か。村山聖から藤井聡太まで」その4

2017年6月10日(土)都内で行なわれた野島道場15周年記念イベントにおける公開インタビューです。(インタビュアー:山岸浩史 文まとめ:風木一人)

・・・・・・・・・・・・・・・※黒字は森信雄七段、赤字は山岸浩史インタビュアーです。

藤井聡太四段と千田翔太六段

「これから森一門の俊英がつぎつぎ藤井聡太四段と当たっていくと思います。
たとえば千田翔太六段。わたしは千田さんは初めて出てきたニューウェーブの棋士ではないかと思っているんです。非常にはっとするような発言をされていますよね。
人間と指すよりコンピュータソフトと指したいとか、自分の目標はタイトルをとることではなくコンピュータソフトと指して将棋が強くなることだとか……」

「千田君はまっすぐ言いすぎるんで(笑)、このあいだアドバイスしたんです。まっすぐ言う前に『おはよう』と言おう。おはよう、こんにちは、きょう雨ですねとか、そう言うたら柔らかくなるからって。千田君真面目な顔して『そうですかわかりました』言うてました。

千田君、おはよう抜きなんですね。いきなり、こないだの将棋ひどいですね、そういうとこから入るんですよ。ぼくの家来て、はじめは雑談してて、やっと将棋の話離れたなあと思ったら5分でパソコン出して『森先生、この局面の評価値何点ですか?テストします』と来る。師匠なのにテストされて。6割くらい間違えて。もう勘弁して(笑)」

「千田六段と比べると藤井四段はむしろ古風な感じがします。谷川さん(谷川浩司前将棋連盟会長)の将棋が好きだとか、司馬遼太郎の小説が好きだとか。
同じ新鋭でも全然タイプが違う。そこが面白いなと感じるんですが、もし藤井さんが森門下にいたらどうでしょう?」

「いやあ、ぼくなんか畏れ多くて名前呼ばれへんね。藤井先生と呼びますね、弟子でも(笑)。あまりにも強い弟子はちょっと大変です。
ぼくの弟子はみんな小さい弱いときから知ってるから、強くなっても弱いときのイメージで話せるんですね。
例えば千田君だったら、広島の村山杯って大会で会ったときに、入玉すれば勝ちなのにそれを知らなくて負けて泣いてたのを思い出すんです。そういうイメージがずっとあるから。

真面目な話、藤井さんがぼくの弟子だったらちょっと心配です。14歳で勝ちすぎると心配。目標がなくなってしまいますよね。早く誰か強い人に負けて、まわりも冷静になった方がいいのかもしれない」

☆     ☆     ☆     ☆

※6月21日、藤井聡太四段はついに28連勝目をあげ、最多連勝記録に並びました。26日に増田康宏五段と新記録をかけ対局します。

森信雄七段インタビュー、明日更新の「その5」では、いよいよ故村山聖九段の話をうかがいます。