翠巌和尚のマユゲ 4/5話(出典:碧巌録第八則「翠巌夏末示衆」)

雪竇和尚は、このエピソードに対して次のようにコメントしました。

翠巌和尚の問いかけに答えられる者は千年間は出現しないと思っていたが、雲門和尚に「閉店、ガラガラ!」と言われて散々な目にあってしまった。

保福和尚は最年長の弟子らしく、褒めたのか貶したのかよくわからない答え方をしたが、翠巌和尚がおしゃべりな泥棒であることは本当のことだ。

長慶和尚は翠巌和尚の芸風をよく理解していたので、「和尚のマユゲは今生え揃った」と答えることができたのだ。

私は雪竇和尚の弟子ですのであまり批判的なことは言いたくないのですが、私はこのコメントはあまり上手くできた方ではないと思います。

まず「千年間出現しない」は大げさ過ぎますし、こうやってコメントを弟子に批判されている雪竇和尚こそ「散々な目」にあっているわけですし、三人の弟子たちを素直に褒めておられるようですが、私に言わせればこれは単に「同じ穴のムジナ」なだけですし・・・

雪竇和尚に悪意があったとは思いませんが、コメントしている最中に座布団ごとひっくり返されても仕方ないレベルなのは否めないところです。

「そういうオマエはどうなのか?」ですって?

読者の皆さん同様、雪竇和尚にはまったくかないませんよ。(笑)

―――――つづく

☆     ☆     ☆     ☆

電子書籍化 第2弾!『超訳文庫 無門関 Kindle版』(定価280円)が発売されました。公案集の代名詞ともいうべき名作を超読みやすい現代語訳で。専用端末の他、スマホやパソコンでもお読みいただけます。

超訳文庫 無門関 ぶんのすけ

【amazonで見る】

第1弾の『超訳文庫アングリマーラ Kindle版』(定価250円)も好評発売中です。<アングリマーラ第1話へ>

「超訳文庫アングリマーラ」ぶんのすけ

【amazonで見る】


スポンサーリンク

フォローする