4. ハリソン・フォード

ハリソン・フォード。最初に彼を見た映画は「アメリカン・グラフィティ」(1973)だった。このとき彼は31歳。白いカウボーイハット、隣席にガールフレンド、田舎町のカーレースに挑むチャラ男……といった感じで、「キザなヤツだな」程度の印象しか残らなかった。するとしばらくして「スターウォーズ」(1977)に出てきた。御存知ハン・ソロである。田舎町から宇宙に飛び出して光速移動の宇宙船を手に入れたものの、チャラ男ムードはそのまま残っていたので、「なんとこのチャラ男は宇宙で異例の出世だな」と思っていたら、「スターウォーズ/帝国の逆襲」(1980)、「レイダース」(1981)、「ブレードランナー」(1982)!……「異例の出世」どころか、第一級のアメリカハリウッド映画に次々に登場した。田舎町のカーレースから始まり、光速スピードでハリウッドの頂点に立った男優のように思う。

←前の絵をもう一度観る

次の絵へ進む→

ギャラリートップへ


スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る