猫の慢性腎臓病に特効薬?AIM製剤で猫の寿命が倍になる!

宮崎徹教授による画期的な新薬 AIM製剤

ムギが慢性腎不全の診断を受けたとき、何がショックだったかといえば「もう治らない」と言われたことだ。他の飼い主さんだってきっと同じだろう。大事な家族の病気がもう治らないなんて。こんなつらいことはない。

しかし猫の慢性腎不全はそういう病気なのだ。どの動物病院のホームページを見ても書いてある。「慢性腎不全は完治しません。進行をおくらせるのが治療方針となります」
それが長いあいだ獣医学界の常識だった。
ところがいま画期的な新薬が開発されているという。

「慢性腎不全の進行をおくらせる」のではなく「慢性腎不全を治す」はじめての薬が、遠からず完成するという情報がある。

東京大学大学院医学系研究科の宮崎徹教授のチームが開発しているAIM製剤がそれだ。
宮崎徹教授はもともと臨床・研究どちらにも携わってきた人間のお医者さんで、1999年に自らが発見したAIMというタンパク質の研究を続ける中で、これが猫の腎不全治療に決定的な役割を果たすことを発見した。
猫がほかの哺乳類とくらべて特に腎臓を傷めやすいのがなぜかは長いあいだ謎だった。宮崎教授はこの謎の少なくとも第一段階は解いた。タンパク質AIMがその鍵だったのだ。

腎臓は老廃物をこしとるフィルターの役割をしているが、このフィルターが老廃物で目詰まりしていくのが腎臓病であるらしい。AIMはこの目詰まりを解消するために欠かせない働きをしている。
しかし宮崎教授の研究によって、猫においてはヒトやマウスよりはるかに少なくしかAIMが働かないことがわかった。それが猫が腎臓病になりやすく、一度なると回復せず進行していくばかりであることの理由だったのだ。
では猫がAIMを持っていないのかといえば、そうではないという。むしろヒトやマウスより多く持っている。多く持っているがいざというときに働かないらしい。とても不思議なことだが、トラやライオンなど猫科の他の動物も同じだそうだ。
進化の過程でそういう不合理なことが起こってしまったのではないか、一種の遺伝病といってもいいのではと宮崎教授は発言している(もちろんそのかわりに何か得ている可能性もあるだろう)。こちらの謎はまだ解けていない。

体内のAIMが働かないなら、AIMを合成し、体外から与えてやればいいのではないか、と宮崎教授は考えた。これがAIM製剤だ。
すでに活性化した(働く)AIMを合成することに成功し、その投与によって猫の腎機能が改善することも確認されたという!
しかし動物用医薬品として製造・普及するには高いハードルがある。農林水産省の認可が必要で、そのためにはもっとたくさんのデータにより治療効果と安全性を証明しなければならない。それはいつになるのか?

夢の「猫の寿命30歳時代」が来る

AIM製剤のことをぼくがはじめて知ったのは3年近く前だ。
ムギが慢性腎不全の診断を受けた2017年8月、ネットであれこれ調べていて見つけたのがこの、2017年1月のアエラの記事だった。「ネコの寿命が30歳に!?」
ここにはAIM製剤が実用化すれば猫の寿命がいまの倍の30歳になるという予想とともに「2020年の東京五輪開催まで」に実用化したいと書かれている。ムギ、あと3年がんばってくれ!と思いながら読んだ。

2019年4月のAERA増刊「NyAERA (ニャエラ) ネコの病気と老い」の記事では「今夏(2019)にも第1号の試験原薬が製造される見通しで、20~21年春の実用化を目指している」となっていた。

そして今年2020年2月の「医学界新聞」の記事「ネコと腎臓病とAIM研究」では「2020年中にAIM製剤の薬事申請に必要な臨床試験を開始し、2022年までの商品化をめざしています」となってしまった。

2020年実用化の可能性もあったものが、逃げ水のように延びてしまったわけだ。
新薬開発というのは難しいもので、こんなことが多いのかもしれない。何せ薬だ。人間や動物の命と健康に関わるものだから、慎重のうえにも慎重に開発・認可が進められるのだろう。

ぼくも含め、慢性腎臓病の猫と暮らしている人は文字通り一日千秋の思いで、AIM製剤の実用化を待っている。
ムギは二十歳の猫だ。今日元気でいてほしい、今日元気で過ごせたら明日も元気でいてほしい、そう願っている毎日だから、2年先は正直ずいぶん遠く感じる。
2年後実用化した場合だって、22歳の猫にも有効かはわからない。
それでも夢がもてる話であるのは間違いない。そしてムギよりもっと若い猫さんたちはきっと恩恵にあずかれるだろう。
夢の「猫の寿命30歳時代」だ。

宮崎徹先生、どうか、どうかよろしくお願いします!

(by 風木一人)

猫のムギ16歳のとき。ふっくら。

2016年のムギ。今と比べるとずいぶんふっくらしている♪

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・マンガ・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter


 

スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る