キドニーキープの匂いが変わった?販売元が日清ペットフードからペットラインに

前の記事<自宅での皮下点滴は難しいか?>

自動ネコトイレ CATLINK

自動ネコトイレ CATLINK

キドニーキープの香りが弱い?

うちのムギは腎臓病の猫用の療法食を食べている。お気に入りは「キドニーキープ500g袋」だ。
先日、新しい袋を開けたとたん、香りが弱いことに気がついた。ぼくより嗅覚が敏感な妻にも訊いてみた。「かつおぶしの香りが弱いよね?」
「うん、これは全然違う」妻はそう言って、さらに「そういえばパッケージもちょっと違うよ?」

ホントだ。以前のキドニーキープは日清ペットフードの製品で、パッケージ左肩に企業名のロゴがあった。
しかし目の前の袋の同位置には「PETLINE」とある。パッケージの裏を見ると右下に販売者「ペットライン株式会社」とあり、日清ペットフードの名前はどこにもない。

キドニーキープ ペットライン株式会社

キドニーキープは去年の夏からお世話になっている動物病院で購入している。獣医師専門取扱いでAmazon等の通販では買えないのだ。病院では何も言われなかったが、前回と今回で別の会社のキドニーキープを渡されたことになる。

キドニーキープは評判の良い腎不全猫用療法食で、ムギが今もっとも好んでいる療法食と言っていい。その魅力はおそらくぷーんと漂うかつおぶしのいい匂いなので、これが弱いのはとても嫌な予感がする。そしてムギに与えるとやはり食いつきが以前のものより明らかに悪い。
開けたては香りもいちばん新鮮だからいちばん喜ぶはずなのだが――食いつかない。

ちょっと待ってくれよ……。何か製品が変わってしまったのだろうか?

とりあえずネット検索してみた。
販売者が変わった事情はすぐ出てきた。
日清ペットフードの親会社の日清製粉が2019年12月にペットライン株式会社にペットフード事業を譲渡していたのだ。1年以上前の話である。
事業譲渡の発表が12月で、実行は2020年4月だったらしい。商品パッケージ等はそれ以後段階的に変更すると書いてあった。

これで2021年1月に病院で購入したキドニーキープには日清ペットフードと書いてあり、2月に購入したものにはペットラインと書いてあったわけはわかった。

重要なのはパッケージが変わるとともに内容も変わったかどうかである。

ペットラインのお客様相談室にメールで問合せした。
ペットラインパッケージのキドニーキープの香りが弱かったことを伝えたうえで、日清ペットフードパッケージの商品と原材料・製法に変更があるのかを訊いた。
メールで回答が来るかと思っていたら電話がかかってきた。少々驚いたが、きちんと知りたいことを教えていただいた。

ComSaf 猫 つめとぎ トンネル

ComSaf 猫 つめとぎ トンネル

現在は完全に同じキドニーキープ。2021年4月からは変わる可能性がある。

まず、2020年4月から日清ペットフード製品の販売はペットライン株式会社が受け継いだが、製造はまだで、現在流通している製品はすべて従来通り日清ペットフードの工場で作られている。したがって原材料・製法とも一切の変更はないということ。

つまり今回開けたペットラインパッケージのキドニーキープは以前の日清ペットフードパッケージのものと完全に同じ製品。ではなぜ香りが弱いのか?

それに関しては、天然の原材料を使用するので香りや味を完全に同じにはできない、とのお返事で、たまたま当たりが悪かった、品質にムラというか幅がある中で香りの弱い製品をひいてしまったと考えるしかないようだった。

いちおう納得した。ネット検索した際、これだけはっきり匂いが違ったら他にも気づいて報告している人がいるのではないかと思っていたが、そういう苦情めいたものはひとつも見当たらなかったのだ。香りの弱い製品が多数出回ったのではなく、ぼくが運悪くまれにしかないハズレをひいてしまったのだろう。

ペットラインお客様相談室の人はもうひとつ重要な情報を教えてくれた。
現在は販売のみだが、2021年4月(来月だ!)からは製造も受け継ぎ、旧日清ペットフード製品(ブランド)をペットラインの自社工場で作るようになる。そのときは、意図的に変更する予定はないが、どうしても若干の品質の変化が生じてしまう可能性はあるそうだ。

わりと賞味期限が長いものなので(手元の袋の賞味期限は2022年5月)、どのくらいの期間でペットライン工場で製造されたものに置き換わっていくのかはわからない。

キドニーキープは腎不全猫用療法食の中では現在ムギがもっとも好むもので、いちばんの魅力はかつおぶしの香りだと思われるから、ぜひそこは変わらないでいてくれることを祈っている。

(by 風木一人)

当ブログが電子書籍になりました!
『猫が21歳になりました1  慢性腎臓病の診断から1400日を生き抜いて』
専用端末がなくてもスマホやパソコンでお読みいただけます。第2巻も近日発売予定!
猫が21歳になりました1  慢性腎臓病の診断から1400日を生き抜いて

クリックでAmazonへ

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・マンガ・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter

 

トップへ戻る