猫の名前ランキングでムギが2年連続ナンバーワンに!

[Daish] 猫ベッド 洗える ふわふわ

[Daish] 猫ベッド 洗える ふわふわ

タマはどこに? 人気の猫の名前は時代で変わる

ムギが2年連続ナンバーワンになった。何の話かというと名前だ。
ペットの保険会社「アニコム損保」が毎年2月22日「猫の日」に発表している「猫の名前ランキング」で「ムギ」が2020年に続き2021年も1位に輝いたのだ!
アニコムのペット保険に新規登録した0歳の猫約52000頭を対象とした調査で、ムギは444匹で最多。367匹のソラが2位、341匹のレオが3位で続いている。

「猫の名前ランキング2021」

正直おどろいた。とっても驚いた。ムギがそんなに多い名前だとはまったく知らなかった。むしろ少ない方かと思っていたくらいだ。
猫の名前といえばタマ、シロ、トラ、ミケとかが鉄板ではないのか?(昭和すぎる)

上記サイトには2008年からのランキングが載っているので少し遡ってみると、「ムギ」が人気急上昇してきたのは最近のことであるのがわかる。
2018年にランキング圏外からぽーんと5位に飛び込んできて、2019年は6位と足踏みしたものの、2020年には一気に頂点に立っている。

2018年に何かあったのだろうか? 猫にムギと名付けたくなるブームみたいなものが?
2020年ランキングにつけられたコメントにこんなことが書かれていた。

「(ムギが)躍進した理由の一つとして、昨年某テレビ番組のエンディングテーマへ抜擢され話題となった人気シンガーソングライターの「むぎ(猫)」(むぎかっこねこ)さんの影響もあるかもしれません。」

PETKIT ペット用給水器 循環式 静音

PETKIT ペット用給水器 循環式 静音 

シンガーソングライター、むぎ(猫)さん

むぎ(猫)さん!
ぼくはこのひと(ネコ)の存在を知ってはいた。でもそんなメジャーなひと(ネコ)とは知らなかった。
WIKIを見るとこんなひと(ネコ)である。

むぎ(猫) (読み方は「むぎかっこねこ」)
沖縄を本拠に活動するシンガーソングライター。2014年から天国帰りのネコとして活動を始め、2017年にはなんと猫として初めてフジロックフェスティバルに出演。2019年にはアルバム「君に会いに」でメジャーデビュー。全国ツアーを行う。テレビ番組のエンディングテーマを手掛けるなど大活躍中。<公式サイト>

2017年にフジロック、2019年にメジャーデビュー。猫の名前ランキング躍進と時期が符合している。これは、確かなことは言えないが、むぎ(猫)さんの影響で猫のムギちゃんがぐーんと増えた可能性はかなり高い。すごいなあ、むぎ(猫)さん。ちなみにむぎ(猫)さんはうちのムギと同じく白黒ハチワレ模様だ。
同じ名前のご縁で、むぎ(猫)さんと、いままだ0歳や1歳のムギちゃんたちを応援していきたい気持ちである。

うちのムギは20歳。20年前はやはりムギという名前の猫は少なかったと思う。
ムギはほんの子猫のとき保護され妻のもとにやってきたコだが、命名者は妻のお母さんである。妻が最高の名前をつけようと考えに考えているあいだに、お母さんが勝手にムギと呼び始め、最初は「なんだ!」と憤った妻もだんだんムギが良い名前に思えてきて正式に認めるにいたったという。
妻が考え抜いてつけていたらきっと突拍子もない名前になっていただろう。清少納言とか。
お母さんグッジョブである。

名前は一度決めたらずっと呼ぶものだから大切で、命名になやんでしまう人も多いのではないだろうか。でも実際には命名に失敗はありえない。呼んでいればどんな名前でも愛着が生まれかわいくなってくるのだ。大事な猫につければどんな名前もいい名前になる。これはまちがいないことだ。
うちの猫もムギが本名だが、ぼくも妻もいろんな呼び方をしている。ムッギン、ムギンコ、ムッギング。ムーギン、ムギング、かわいんぼ。
ああ、かわいい。
なんと呼んでもかわいいものはかわいいのだ。

二十歳の猫ムギ ごろんと冷まし中

日向ぼっこしすぎて暑くなり、日陰で身体を冷ましているかわいんぼ

(by 風木一人)

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・マンガ・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter

 

トップへ戻る