慢性腎臓病の猫のトイレ問題。多飲多尿と便秘。

トイレ洪水対策に防水シートとペット吸水シート

猫が慢性腎臓病をわずらうと進行度合いに応じていろんな症状が現われるが、トイレに関わる問題もその一つだ。

まずはおしっこの話。
2017年8月、ムギがはじめて慢性腎臓病の診断を受けたとき「おしっこ多くなってませんか?水たくさん飲みませんか?」と訊かれた。猫の慢性腎臓病の最初に出てくる症状が多飲多尿だからだ。
そのときはぴんと来なかった。多少は増えていたかもしれないが、あれで腎臓病の前兆だと気づくのは素人には無理だろう。過去に他の猫で同じケースを経験していないかぎり。(ちなみに当時の血中尿素窒素BUNは37、クレアチニンCREは2.6)
しかしその後だんだんにはっきりした。おしっこの回数も1回の量も明らかに増えていった。同時に、あまり臭わない水のような薄い尿になっていった。
それとくらべて飲水量の増加は少なかった(増えはした)。だから、出している量のわりに取っていないということで身体が脱水状態となり、皮下輸液が必要になったわけだ。

ムギのトイレは人間のトイレの中にある。ペットドアがついていてトイレドアが閉まったままでもムギが出入りできるようになっているのだが、最近は人間が近くにいるとペットドアを使わず、こっちをちらと見る。開けてほしいのだ。
もちろんご希望通りにする。ドアを開け、「あ、ムギの脳波で開いた。すごいね。超能力だね」とほめる。

おしっこの量が多いのでトイレ砂が固まる固まる。使用量が何倍にもなった。それはいいとして、しばらく前から猫トイレの外にしてしまうことが増えた。ちゃんと猫トイレに行き、入るのだが、全身は入りきらず、おしりだけ外に出た状態でじゃーっとしてしまうのだ。

ムギ、それ意味ないから!

ぼくは絵本作家、妻はイラストレーターで家にいることが多いので、見ているときはおしりを一押しして事故を防ぐのだが、見ていないときもあるし、ふたりとも留守にすることだって時々はある。もちろん夜間はお手上げだ。どうしたって洪水を完全には防げない。
防げないならせめて被害を最小限にとどめることだ。防水シートをしき、その上にペット用吸水シートをしき、その上に猫トイレを置くようにした。これで、びしょびしょにした上、そこを歩いた足で部屋を歩きまわられるという惨事は避けられる。

使用しているのはこれ。

デオクリーン 床を汚さない防水シート

デオクリーン 床を汚さない防水シート

デオシートPremium 12時間超消臭&超吸収

デオシートPremium 12時間超消臭&超吸収

とくに「デオシート Premium」は優れモノだ。紙オムツのような給水ポリマーが瞬時におしっこを吸収するから猫が上を歩いても猫の足は濡れない。消臭機能もなかなかで洪水後もあまり臭わない。対応がだいぶ楽になった。

そもそもなぜ失敗するようになったのかはわからない。あとほんの2センチ奥に入ってくれればいいのに、なぜそれができないのだろう。高齢になり、視力の衰えや記憶の衰えでトイレの場所がわからなくなるコもいると聞くが、ムギは以前と同様にトイレに行って入るのにあと数センチが足らない。嗅覚、聴力、筋力、原因をいろいろ想像してみても今のところ見当がつかない。
頼むよムギ。一歩前へ。たった一歩でいいから。

何日出ないと便秘なの?

つぎはうんちの話。
ムギは便秘がちである。腎臓病になる前からその傾向はあった。便秘はときどきしていたが、下痢はまったく記憶がない。そういう体質なのだろう。
腎臓病とそれにともなう脱水傾向で、便秘が増えた。これはよくあることらしい。腸内の水分が少ないと便が硬くなり、詰まりやすくなる。ふんばるための筋力の衰えも一因らしい。
しっかり出るのは3日に一度くらい。それ以外は出なかったり、小さな硬いうんちが一つか二つだったりする。

お世話になっている獣医さんによると、3日に一度はそれほどひどい便秘ではないそうだ。毎日出ていたコが3日でなければ心配だが、いつも3日に一度くらいならほっておいても大丈夫。1週間出ないようなら下剤を使う、下剤でもダメなら浣腸などの処置が必要になるとのことだった。
ただ、ムギはトイレに行きかけてやめることが多い。行ったけれど出ないことも多い。スッキリしないとまたすぐ行く。何度か行って出ればいいが、何度行っても出ないこともある。やっぱりちょっとつらそうだ。

サイリウム

サイリウム【amazonで見る】

ネットで「高齢猫 便秘」などで調べて、「サイリウム」というものがあることを知った。薬ではなく、オオバコという植物からとった食物繊維のサプリである。これが猫の便秘にきくと評判なので、先生に相談してみた。
先生はもちろん知っていた。ちょうど先生のうちの猫ちゃん(やはり腎臓病のシニア猫)にあげているところだという。「うちのコの場合、効いているのか微妙なんですが、試してみますか?」と言われ、お試し用に少し分けてもらってきた。
しばらく試してから結果をここで報告したいと思う。

21歳になった猫のムギ 後ろ姿

首輪のあとはすぐにはとれそうもない。

(by 風木一人)

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・マンガ・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter

 

トップへ戻る