猫の便秘にサイリウム。体調管理に記録ノート。

猫の熱中症対策 涼感ジェルマット 防水

猫の熱中症対策に【涼感ジェルマット】 

サイリウムってどんなもの?

ムギの便秘対策にサイリウムを飲ませてみている。効果はあるような気がする。
ムギは充分(と思われる)量のうんちが出るのは3日に一度くらいで、あとは出ないか小さく硬いのが1つか2つの日が多かった。それが少しだけコンスタントになってきたようだ。

サイリウムはオオバコ科の植物の種皮から取った自然の食物繊維で、近年は人間のダイエット用にも人気があるらしい。メーカーによって多少色や形状が異なるようだが、ぼくが動物病院でお試し用に分けてもらったのは白い細かい粉末だ。
獣医の先生によると、薬品ではなく、副作用もない。多すぎる分量を与えないことと、いっしょに水を充分取ることだけ注意すればいい、とのこと。

教わった一日量はもらった容器のふたの半分くらい、ということはティースプーン1杯くらいだが、ぼくは慎重なのでそれよりずーっと少ない量、これで効くはずないでしょ(笑)くらいからはじめて、わずかずつ増やしてみている。
いっしょに充分な水を取らせることだけが注意点といっても、思うように水を飲んではくれないのが猫だから、食べさせる前に水分を加えることにした。

まずサイリウムを水で溶く。透明などろどろのジェル状になる。そこにロイヤルカナン腎臓サポートウェットパウチ(前記事参照)を加え、スプーン先で細かく砕いたうえでかき混ぜ、ペーストに近い状態にまでする。
猫と暮らしている方はよくご存じのとおり、お気に入りのフードでも何か加えると急に食べてくれなくなることはよくある。サイリウムもそこが心配だったのだが、驚くほど問題なかった。ムギは入っていないときと同じように食べる。サイリウムが入ったせいで味や食感が悪くなることはまったくないようだ。

ドライフードに混ぜるときはやや苦戦する。やはりサイリウムを水に溶かし、ジェル状になったものをロイヤルカナン腎臓サポートセレクションにかけて出してみた。食べないわけではないけれど、ウェットのときよりは残し勝ちで、それに残したぶんは(たぶんドライフードがジェルから水分を取るから)煮凝り風に固まって食べにくくなり、さらに残ることになる。
ドライフードをあらかじめ少量の水でふやかして、そこにサイリウムを混ぜる方法も試している。たぶんこちらの方がよさそうだ。

ロイヤルカナン腎臓サポート 猫用療法食

ロイヤルカナン腎臓サポート セレクション

最初に書いたように徐々にだが効果が出ている気がする。出ない日がなくなってきた。量も増えた。ただ、うんちが適度に柔らかくなる、ころころした粒状でなく長くなる、という効果はまだ充分あらわれていない。ネット上ではそういう声もたくさんあるから期待していたのだが。もっと続ければ改善していくのだろうか。

トイレに行ってふんばるが出ない、あきらめて出てくる、でもスッキリしていないからまたすぐトイレに行く。この繰り返しもあいかわらず見られる。
出た量からするとスッキリしたんじゃないかと思われるときにも同様の行動がある。まだ溜まっている便があるのか、それとも長年の便秘のせいで、出てもまだ残っているような気がするのか、ちょっとよくわからない。

ムギの様子を見ながらサイリウムの一日量をほんの少しずつ増やしてきたが、それでもまだ先生に推奨された量の半分以下だ。まあこれで効くなら、これ以上増やす必要はない。
継続することによってだんだん出てくる効果などもあるだろうから、とりあえずしばらく経過観察を続け、それから適量を見極めたい。

いまのところ猫の便秘対策におすすめできると感じているが、Amazonでサイリウムを検索するとまあ出てくるわ出てくるわで、どれがいいのかはさっぱりわからない。うちの先生がお試し用に分けてくれた製品はAmazonでは見つからなかった。薬ではなく食物繊維だから量にさえ気をつければ猫の健康を害する心配はほとんどないと思うけれど、試してみたい方はやはりかかりつけの獣医さんに一度は相談してみるべきだろう。猫さんの状態によってはサイリウムは避けた方がいいケースもあるかもしれない。

サイリウム

サイリウム【Amazonで見る】 

健康管理のために記録ノートをつける

便秘の件もそうだが、ムギの健康状態を管理するためには記録が必要だと思い、簡単なノートをつけている。日々の、皮下輸液量、体重、食事量、便通、嘔吐回数などを記録している。その他気になることがあればそれもメモしておく。こんなのだ。

21歳の猫ムギのブログ。慢性腎臓病だけれどがんばっているよ。

「ユ100」は皮下輸液100mlのこと。
「ド」は便通について「どーんと出た」の意味(笑)。「ト」は「どーんとまでは行かないがそこそこ出た」。書いていないのは出ないか出てもちょっとの日。
「ゴ」はごはんを吐いたときで、「イ」は胃液を吐いたとき。

食事量は目分量の概算だし、体重を計らない日もあるし、書き忘れることもあるし、だいたいでいいと思っている。ざっとめくってみて「最近食べていないな」とか、「ごはんを吐いたのは2週間ぶりだな」とかわかればいい。一年以上つけていると去年の夏はどうだったかなど季節ごとの比較もできるようになる。

使っているのは、たかしまてつをさん制作の「うし手帖」。MDNコーポレーションから毎年発売されている干支をテーマにした楽しいイラスト手帖だ。おすすめです(^-^)

「うし手帖」たかしまてつを MDNコーポレーション

【amazonで見る】

たかしまてつをさんとは絵本『とりがいるよ』シリーズ(角川書店)を共作している。
こちらもどうぞよろしくお願いします(^-^)

『とりがいるよ』風木一人・たかしまてつを・角川書店

【amazonで見る】

(by 風木一人)

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・マンガ・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter

 

トップへ戻る