第61話 木下大サーカス 後篇


*編集後記*

津川聡子作「やっとこ!サトコ なう」「第話61話 木下大サーカス 後篇」いかがでしたでしょうか。

さすが一味違うサーカスの思い出! 二人の絵に大きく登場する空中ブランコはやっぱりサーカスのスターなのだなあと再認識したり、てる君の絵にしっかり描かれた安全ネットにあれこれ感じ入ったり、「自分だけが知る舞台裏」を空想したり、読んでいても一味違うサーカス体験ができたような。本当に、てる君が一緒に行っていたらどんな木下大サーカスになっていたのでしょう。妄想が止まりません……さて次回は「三人でお出かけ、その頃吉ちゃんは!?」です。というのは嘘ですが、次回もどうぞお楽しみに♪

「やっとこ! サトコ なう」へのご感想・作者へのメッセージは、こちらからどしどしお待ちしております。

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内>