BFUギャラリー

gallery

当ホテルの一角にある小さな画廊、BFUギャラリーへようこそ。
BFUは暴風雨(Bo-Fu-U)の頭文字ですが、Best For You の意味も込めています。
毎月選びぬかれたすてきな作品がこの小さな空間を飾ります。
外のことはひととき忘れ、どうぞゆっくりお楽しみください。

今月の企画は風木一人写真展「目白散歩2007」です。

ごあいさつ by 風木一人

2002年から2007年まで目白に住んでいた。山手線の駅で唯一パチンコ店がないと当時聞いた。本当かどうか知らないが目白のイメージにぴったりの話ではある。

池袋と高田馬場にはさまれた小さなオアシス。お店があるのは目白通り沿いだけで一本入ると閑静な住宅地が広がる。

2007年3月、目白を離れることになったぼくは慣れ親しんだ散歩コースを写真に収めてまわった。この展示は当時のブログ日記をほぼ再現している。

昔のデジカメの残念な性能とやはり残念なぼくの腕前をお見せするのが目的ではもちろんない。ただ13年前の目白の写真を載せようと思った。

今はなくなってしまったものもたくさんある。月日が経つとはそういうことだ。

目白をよくご存じの方には「ああ、ここ」と、ご存じない方には「へえ、こんなとこ」と楽しんでいただければ、なんとなくしみじみ嬉しい。

BFUギャラリー常設室


スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る