ファインヘルスプレゼントに応募したら感動が待っていた。

「ひとみの恵ルテイン40」ファイン

【amazonで見る】

「ひとみの恵 ルテイン40」をご存知だろうか。老眼にすばらしい効力を発揮するサプリである。ぼくはサプリ大好きというタイプではまったくない。むしろ「ホントに効くの?」と冷ややかにうたがってかかる方だ。

これまでいろいろ試してきたが(試してきたんかい!)「効いたと思えば効いたような…」という微妙な結果で1回でサヨナラとなるサプリが多い中、「ひとみの恵」は違った。明確な効果を感じた。老眼鏡なしで本が読めるのだ!(効果は個人差があります)
これはうれしかった。毎朝1粒飲むのが習慣になった。

あ。ひょっとすると、この記事は「ひとみの恵」の宣伝だと思った人もいるかもしれない。それはまったく違う。本題はここからだ。

ある日ぼくは気がついた。「ひとみの恵」の箱を開けたふたの部分に「ヘルスプレゼント応募券3点」と書いてある。これは何だろう?

「ひとみの恵ルテイン40」ファインヘルスプレゼント応募券3点

リスもかわいい。

箱の中の紙を読むとわかった。ファインヘルスプレゼントという企画なのだ。このポイントを貯めて応募用紙に貼って送るとサプリやら食品やらのファイン製品が点数に応じて「もれなく」もらえる。

「もれなく」は重要である。
かつてダノンポイントクラブというのがあった。5年以上毎朝ダノンビオ(ヨーグルト)を食べてポイントが貯まるとプレゼントに応募していた。もれなくコースもあったが必要な点数が高すぎたので常に「抽選で当る」コースだった。
多くを語るつもりはないし昔のことをいつまでも引きずっているのは人間性が未熟だからだと思うが、一度も当らなかった。5年間である。5年はけっこう長いよ。そのうちダノンポイントクラブはなくなってしまった。当たった人がひとりでもいたらこっそり教えてほしい。

苦い思い出はさておいて、ファインヘルスプレゼントは10点から「もれなく」に応募できる。「ひとみの恵」4ビン目でもう手が届くわけだ。もらえる商品も「玄米スープ」「十六雑穀スープ」「緑茶珈琲ダイエット」などけっこういい。やる気が出るじゃないか。

ファインヘルスプレゼント応募用紙

ぼくのすすめで妻も飲むようになって月に一ビン空くペースとなった。しめしめ。

10ヵ月経ち、30点貯まったので、いよいよ応募である。

20点のプレゼント商品もあるが、10点の商品3つにした。「玄米スープ」「野菜スープ」「しじみスープ」だ。35点貯めれば「ひとみの恵」ももらえるが、ポイントを貯めていつも買っているものをもらうなんて全然楽しくないのでパス。

「発送には1か月程度かかる場合がございます」と書いてあったが、

ファインヘルスプレゼント「野菜スープ」「しじみスープ」「玄米スープ」

2週間で届いた!

うきうきと開封する。そしてたちまちぼくはファインのファンになってしまった。

そこには3つの感動ポイントがあったのだ。

第一はなんといってもこれ。

ファインヘルスプレゼントお礼状

「1点以上の点数を余分にお預かりした場合には、点数を併せてご返却させて頂きます」

なんとポイントにお釣りが出る!
30点貯まるまで応募しなかったのにはわけがある。ファインヘルスプレゼントには10点、20点、35点、50点、90点のプレゼント商品があるが、3点を貯めてぴったり10ポイントや20ポイントになることはなく、あまりが出て無駄になるから30ポイントまで待ったのだ。
ところがファインさん(突然さん付けになる)は客にそんな面倒な気遣いをさせる会社ではなかった!

ポイントにお釣りを返す―ーこんなきめ細かなサービスははじめて見た。
「お客さまのポイントは1ポイントたりともムダにはいたしません」と声が聞こえてきそうである。ダノ〇とはえらい違いだ。

第二はこれ。

ファインヘルスプレゼント応募券1点

なにかというと、プレゼントでもらったスープにもポイントがついていたのだ! 買ってないのに!

第三はこれ。

おまけのスポーツドリンクパウダー1リットル用

スポーツドリンク1袋がおまけについてきた。こんなこと応募用紙のどこにも書いていない。サプライズである。

この奥ゆかしくも心憎いサービス精神!

いやあ、すごい。すごいよファインさん。いやファインさま。
ありがとう。明日からも毎日「ひとみの恵」を飲んで本を読みます。

(by 風木一人)

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・マンガ・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter

 

ながいながいへび、パリへいく

ながいながいへび、パリへいく

絵本『ながいながいへびのはなし』(文・風木一人 絵・高畠純)の続編です。「ながいながいへび、パリへいく」 ながーいへびの あたまとしっぽ こうして あうのも ひさしぶり、せっかく いっしょに なれたんだから、パリまで いこうと たびにでた。

目白散歩3(赤鳥庵・千種画廊・びわのみ文庫・坪田譲治・佐伯祐三・中村彝)

目白散歩3(赤鳥庵・千種画廊・びわのみ文庫・坪田譲治・佐伯祐三・中村彝)

目白は創作童話の歴史とも縁の深い場所である。前回紹介した目白庭園の中にある赤鳥庵の名は、鈴木三重吉が主催し芥川龍之介や有島武郎が寄稿した童話誌「赤い鳥」にちなんでいる。目白庭園から目と鼻の先、現在千種画廊のある場所が、赤い鳥社・鈴木三重吉旧宅跡だという。

目白散歩2(丸長・目白庭園・氷川神社・虚無への供物・新宿区立中央図書館)

目白散歩2(丸長・目白庭園・氷川神社・虚無への供物・新宿区立中央図書館)

目白は中井英夫の小説『虚無への供物』(講談社文庫)の舞台である。ザ・ヒヌマ・マーダーのメインステージとなる氷沼家は目白通りの北側、目白署裏の池袋方面。長い物語の終幕、主人公たちが新目白通りの神社から高台にある牟礼田俊夫の家を見上げるシーン、その神社が写真の氷川神社である。

キドニーキープの匂いが変わった?販売元が日清ペットフードからペットラインに

キドニーキープの匂いが変わった?販売元が日清ペットフードからペットラインに

新しい袋を開けたとたん、香りが弱いことに気づいた。嗅覚が敏感な妻にも訊いてみた。「かつおぶしの香りが弱いよね?」「うん、全然違う。そういえばパッケージもちょっと違うよ?」 ホントだ。以前のキドニーキープは日清ペットフードの製品で、パッケージ

トップへ戻る