(クリックでオンラインストアへ)

各お部屋(連載)の新着一覧(更新順)


好雪文庫

別訳【夢中問答集】第四十問 菩提心とはなにか? 1/2話

文野潤也

2024-06-15 夢中問答集, 好雪文庫

足利直義:なるほど、世間並みの富や名誉を追うことの虚しさについてはよくわかりました。 話は変わりますが、仏教、特に和尚の属する禅宗においては「菩提心を起こす」という言葉をよく耳にするのですが、これはいったいどういう意味な...

記事を読む

魔談

棺桶人形(3)

北野 玲

2024-06-14 魔談

【 時間制限 】 話を個別面談に戻そう。 愛美と私はマンツーマンで面談していたが、私はふと壁に設置された丸い時計に視線を走らせた。じつは専門学校の規定では「個別面談は15分」と決まっていた。以前から私は「カウンセリングじ...

記事を読む

好きな映画をもう1本!

​​ラストシーンをどう捉えるか……「悪は存在しない」「ありふれた教室」

新村豊三

2024-06-10 好きな映画をもう1本!

2021年カンヌ映画祭の脚本賞を受賞した濱口竜介監督の新作「悪は存在しない」が現在公開されている。2023年のヴェネツイア映画祭で銀獅子賞を受賞した話題作なのに、何故か東京でも公開館は2館だけである。それほど名のある役者...

記事を読む

内言、漏れてるから

誰かのために 第十三話

大日向峰歩

2024-06-10 誰かのために

大日向峰歩 作・小説『誰かのために』第十三話。問題山積の柏の宮町ですが、実はあるお宝が潜んでいました! でもそのお宝こそが、次なる火種になるとは……

記事を読む

好雪文庫

別訳【夢中問答集】第三十九問 行動が伴わない智者は無価値なのか?

文野潤也

2024-06-08 夢中問答集, 好雪文庫

足利直義:なるほど・・・ どれだけ知識が豊富だったとしても行動が伴わなければ「そこら辺のアホウとおんなじ」ということであれば、いわゆる智者は無価値なのですね? 夢窓国師:布袋和尚は言ったよ。 「知識も行動もなくなっちまっ...

記事を読む

魔談

棺桶人形(2)

北野 玲

2024-06-07 魔談

【 講師という立場 】 私は40歳になった時点で、「フリーデザイナー」という肩書きに「専門学校講師」という仕事を追加しようと思い立った。特になにか格別の志があったわけではない。「週に1回や2回ぐらいなら、教壇に立ってデザ...

記事を読む

ツガワールド in ホテル暴風雨

第156話 生写真

津川聡子

2024-06-05 やっとこ!サトコなう

昔は当たり前だった生放送、生写真、生ビール、今では珍しかったり貴重だったり高級だったりしますね。

記事を読む

内言、漏れてるから

誰かのために 第十二話

大日向峰歩

2024-06-03 誰かのために

大日向峰歩 作・小説『誰かのために』第十二話。梅木の秘密の相談によると、おもいやりんごが再起動しそうなのはいいことだけれど、そのために、いろいろゆるゆるな柏の宮町は新たな問題に直面しそうです。

記事を読む

ホテル暴風雨

文学フリマ東京38【最後の東京流通センター開催】2024/5/19

風木一人

2024-06-02 絵本作家の仕事 by 風木一人

有料化によって来場者は減らなかった! もう2週間経ってしまった。 2024/5/19(日)、文学フリマ東京38に参加した。ホテル暴風雨として4回目の出店だ。 個人的に気になっていたのは、今回から入場料1000円となって(...

記事を読む

好雪文庫

別訳【夢中問答集】第三十八問 頭で理解するのではなく行動で示せ! 2/2話

文野潤也

2024-06-01 夢中問答集, 好雪文庫

クドいようじゃが、最近の連中ときたら「仏教を信じています!」などと言ったところで結局は世間並みの名誉や利益を得たいだけというのがほとんどじゃ。 全くもって世も末じゃな・・・ もうちょっと専門的にやるために出家して僧侶の身...

記事を読む

魔談

棺桶人形(1)

北野 玲

2024-05-31 魔談

【 早すぎた埋葬・余談篇 】 今回から数回に渡り、「早すぎた埋葬」(第12回/5月3日公開)で予告した棺桶人形について語りたい。上記魔談ではこのように書いている。 私は実際に棺桶人形を見ている。この話は【早すぎた埋葬】の...

記事を読む

好きな映画をもう1本!

リメイク映画「異人たち」、ドラマ「岸辺のアルバム」「不適切にもほどがある」

新村豊三

2024-05-30 好きな映画をもう1本!

4月5月と新作を沢山見たが、一番感銘を受けたのはイギリス映画「異人たち」であった。これは、我が大林宣彦監督の1988年の秀作「異人たちとの夏」のイギリス版リメイクである。原作は山田太一の小説だ。 独身の中年シナリオライタ...

記事を読む

内言、漏れてるから

誰かのために 第十一話

大日向峰歩

2024-05-27 誰かのために

大日向峰歩 作・小説『誰かのために』第十一話。おもいやりんごは、このまま消えていくことはなさそうです。一方、小田原泉は、柏の宮町のしがらみに絡め取られてしまいそうです。

記事を読む

ツガワールド in ホテル暴風雨

第155話 SIKAJIKA

津川聡子

2024-05-22 やっとこ!サトコなう

なんとも思っていなかった異性が夢に出てきたら急に気になり始めるというのは、恋の始まりあるある話ですね。今回は決してそんな話ではありません!余談ですがロバート秋山さんの「TOKAKUKA」大好きです。

記事を読む

好きな映画をもう1本!

映画の新刊「食べて、ふかして、飲みほして」と往年の映画「さらば友よ」

新村豊三

2024-05-20 好きな映画をもう1本!

映画評論家の野村正昭さんが3月に「食べて、ふかして、飲みほして」というタイトルの素敵な本を出された。「ふかして」というのは煙草をふかすということ。すなわち、この本は、野村さんが「映画と嗜好品」というテーマで、JT(日本た...

記事を読む

ホテル暴風雨へようこそ!

ここはネットの海に浮かぶ少し変わったホテル。各お部屋では長期滞在のお客様方が楽しいコンテンツを制作・執筆・公開中です。どうぞごゆっくりご探索を。

ごあいさつ

総支配人 テンペスト
暴風雨掲示板

長期滞在者(連載陣)による
合同レビュー企画
「暴風雨サロン」
やってます!

第2回のお題は
「ホテル文学を語る」です

当ホテルへのご意見・ご感想・メッセージは

こちらからお待ちしております!

ホテル内ご案内

プライバシーポリシー

スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る