『かえるのごほうび』鳥獣戯画絵本(木島始さく・梶山俊夫レイアウト・福音館書店)

『かえるのごほうび』(木島始さく 梶山俊夫レイアウト 福音館書店)

京都の高山寺に伝わる国宝「鳥獣人物戯画」を絵本化したユニークな作品です。
鳥獣戯画は文章のない絵のみの巻物ですが、詩人の木島始さんがそこから想像力で物語を読み取り、リズミカルな言葉で楽しく語りました。
おなじみの、かえる、うさぎ、さるたちが生き生きと活躍します。

1967年に月刊絵本「こどものとも」(福音館書店)としてペーパーバックで出たのち、1976年にハードカバー化されました。
絵本でよく使用されるつるつるの紙ではなく、やや風合いのある紙を使用しているところに原作絵巻へのレスペクトが感じられます。

【20×27㎝ 本文28ページ】1976年10月発行の初版本。

現在絶版で入手困難です。表紙中身とも目立った汚れや傷はなく、40年以上前の本としてはベストに近い状態だと思います。
1986年発行の祐学社版とは版型・レイアウト・紙質、いずれも異なります。

ご購入はショップからどうぞ→ ホテル暴風雨オンラインストアへ