第67話 2021 新春スペシャル

明けましておめでとうございます。コロナ禍で心配な日々ですが皆様お正月はどう過ごされましたか?我が家は帰省せず自宅で過ごしました。

12月29日 

初めて、正月飾りを自分で作ってみました。花屋さんで松と南天を買い、暴風雨展で使用したツルウメモドキと合わせました。「迎春」の字は八ちゃんに書いてもらい、家にあったご祝儀袋から水引を取って付けました。正月飾りは28日から飾ると末広がりで縁起が良く、29日は「苦」を連想するので縁起が悪いそうです。気にせず29日から飾りました。

八ちゃんは折り紙でダルマを作りました。

12月31日 

日中は大掃除をして、夕方、重箱に料理を詰めました。同じマンションに住む友人Aさん、Kさんからおすそ分けしていただいた昆布巻きや豆、お漬物以外は、ピクルス、チーズ、パンなど、全く正月料理とはほど遠いもので、缶詰や瓶など容器を直接重箱に入れた、なんちゃっておせちです。



紅白を見ながらお重をつついたり、年越しそばを食べたりしました。

こんなことがありつつも、無事に海老と舞茸の天ぷらを揚げることができました。

元日

お雑煮を食べました。

てる君が三つ葉を買い忘れて、またひと悶着ありました。

昨日いただいたAさん手作り柑橘ピールに、クーベルチュールチョコレートをかけたら、夢のように美味しい代物が誕生しました。

1月2日

近所の神社へ初詣に行きました。

帰りにスーパーに寄ったら、見切り品のイチゴがたくさん並んでいたので1パック買いました。

母がもち米と小豆を送ってくれたのを思い出し、フードプロセッサーと電子レンジで餅を作ってみました。

一日から二日にかけて、ダイニングテーブルを水色に塗り替えました。そんなわけで、屋内にいながら青空背景のような写真が撮れるようになりました。

アク抜きしないで小豆を煮てお汁粉を作りました。アクにはポリフェノールがたっぷり含まれているので体に良いそうです。面倒臭いからではなく、体に良いからアクを抜かないのだと言えるのが嬉しいレシピです。

小豆といちごをお餅で包んでみました。

家族四人で自宅で過ごすお正月は初めてでしたが、果たして今後もあるのかな?

地味に過ごした印象でしたが、のんびりできて、これはこれで貴重な体験だったかもしれません。

一月三日はスシローに行ったよ♪


*編集後記*

津川聡子作「やっとこ!サトコ なう」「第67話 2021新春スペシャル」いかがでしたでしょうか。

サトコ一家と同じように、いつもならばお正月といえば帰省、家族揃って大移動という方も多いのではないでしょうか。そんなみなさまもいつも自宅だよというみなさまも、2021年のお正月はいかが過ごされましたか。サトコさんちの「(お正月)−(帰省)=?」の答は「この機会に」というアイディアがつまった楽しい手作り満載! のんびりしたと言いつつもお正月飾にだるまにお餅&いちご大福……etc.etcの充実ぶり。年末年始は忙しくてようやく一息ついたという方も、とりあえず一つ真似してみるのはいかが?(私はだるまの折り方を調べてしまいました)

今年も「やっとこ! サトコ なう」をどうぞよろしくお願いいたします。ご感想・作者へのメッセージは、こちらからどしどしお待ちしております。

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内>