第25話 「ホテル暴風雨展2」スペシャル 制作レポート

(作品名は左から「大切にしていたもの」「大好きな絵本(無言歌)」「ピアノ姫」)

第25話 「ホテル暴風雨展2」スペシャル 制作レポート

これを書いているのは5月15日午前1時、つまり「ホテル暴風展2」搬入当日です。

作品梱包もキャプション作りも終わり、あとは朝が来るまでにこの制作レポートを仕上げるだけなのですが、漫画を描くには時間が足りず、長い文章でごめんなさい。

さて、今回は3点描きました。

最初に、ピアノの譜面板に絵本が載っている「無言歌」という絵を、「ホテル暴風展2」作品集掲載用に仕上げました。

今回の「ホテル暴風展2」作品集の表紙やチラシのイラストは高橋祐次さんがご担当されました。

(26名全員の作品を収録した図録的作品集。表紙・高橋祐次さん、デザイン・北野玲さん。会場で販売します。)

高橋さんとは昨年の同展欄会でもご一緒したのですが、その時「作品もいいけど、素敵な額ですね」と伝えたら、額もご自分で作られているとのことで、驚きました。額から絵を外してざらざらした絵の表面を触らせてくれて「画材に砂をまぜている」と説明されてまたビックリ!「△△という画材は100年後には劣化しているけど、〇〇なら100年後もほぼ劣化しない」という話を聞いて、「そんな先のことまで考えて作品を残しているなんて!」と、さらに驚愕で顎が外れそうになりました。「高橋さんは本物の画家さんだなぁ」と実感しました。

話を戻しますが、「無言歌」を描いた今年の三月下旬頃は、セロニアス・モンクという昔のジャズピアニストの音楽を聞きながら、「おやゆびひめ」の挿絵の仕事をしている時期でした。そんな状況がストレートに絵になった気がします。額装する直前に少し修正したので、作品集に載っているものと、ギャラリーに展示してあるものとを比べると、1箇所だけ違ってます。よろしければ「まちがい探し」気分で見比べてみてくださいませ。

次に、ピアノの上に色々と物が置いてある「大切にしていたもの」という絵を描きました。殆どが実際に家にあるものです。車輪のついた木馬は、社会人になりたての頃、全く趣味が合わないと思っていた知人から、「津川さんはへんなものが好きだから」と言われ誕生日にもらったものです。「へんなものは好きだけど、これは好みじゃないな・・・」と内心不服だったのですが、あれから四半世紀以上、部屋のどこかしらに飾っているうちに、いつの間にか大切なものになっていました。白いピアノカバーは私が子どもの頃に存在していたもので、今はもうありません。高校生の頃よく、ミシンでいい加減な服を適当に縫っていたのですが、ピアノカバーでスカートを作ろうとして母に止められたっけ・・・なんてことを思い出しながら描きました。

仕上がった2枚の絵をながめているうちに、「おじいさんとピアノ姫」という話が浮かんできました。妻に先立たれたおじいさんと、ずっとピアノの上で過ごす女の子の話です。

~ピアノをベッドにして遊ぼうよ~(CHARA「上海ベイベ」)

という歌が好きで、「グランドピアノじゃなきゃ無理だよな」と思いながら、たまに口ずさむのですが、このお話の女の子がいるのはアップライトピアノの上です。「おじいさんとピアノ姫」の話が生まれると、1枚目のタイトルは「無言歌」から「大好きだった絵本」に変わりました。

3枚目は「ピアノ姫」を描こうと思ったら、これが最も苦労しました。一生懸命、気持ちを込めて描けば描くほど空回りするのです。何枚もラフを描き直し、時間をかけて彩色した絵がどうにも気持ち悪いのです。何とはなしにサラッと描いてみたら、こっちのほうがよっぽど気に入ったので、彩色して展示することにしました。

この感覚は、何かに似ていると思ったら、自分の顔に施す化粧でした。時間をかければかけるほど不気味になり、結局、手早くちゃちゃっと済ませたほうが無難という感覚にそっくりだと気付き、深いため息が出ました。

「ホテル暴風雨展2」はよいよ5月16日(木)から始まります。私は5月19日(日曜日)に終日ギャラリーにおります。皆様にお会いできる期待と興奮で、もしかしたら地方のスナックのママみたいな化粧になってたりして?


津川聡子作「やっとこ!サトコ なう」「第25話 「ホテル暴風雨展2」スペシャル 制作レポート」いかがでしたでしょうか。

この制作秘話をふまえて展示作品を観ると10倍楽しめそうですね!津川さんの作品原画をぜひ会場で、正面からじっくりとご覧ください。会場で販売する3周年記念作品集には、「大好きな絵本(無言歌)」が収録されていますよ。高橋祐次さんの作品も「ザラザラ」「外側も自作」などにも注目して一味違う鑑賞を!

「やっとこ! サトコ なう」へのご感想・作者へのメッセージは、こちらからどしどしお待ちしております。

【告知】心しか泊まれないホテル「ホテル暴風雨」が3周年を記念して2週間だけ池袋に出現します。5月16日~5月28日。26名による展覧会と、絵本作家・小説家・編集者による6つのトークショーです。津川聡子さんももちろん出展します!19日(日曜日)は終日在廊します。 詳細は<こちら> 

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内>