第63話 特別篇「ホテル暴風雨展3」制作レポート

 今年の春から延期になっていたホテル暴風雨4周年記念イベント「ホテル暴風雨展3」がいよいよ今月、11月19日(火)から開催されます。今回も参加メンバーに加えてもらえて天にも昇る心地です。そこで今回は制作秘話をお届けします。

 今年のお正月「第41話 2020新春スペシャル」では、パンジーの花の造形に心を奪われた話をしましたが、あれから試行錯誤を重ねた末、母が制作した陶製のパンジーに絵を描き、こんな作品ができました。

花びらを漫画のコマに見立てた四コママンガになっています。

タイトル「たくらん」

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

 これは、以前まんだらけZENBUに掲載されたこちらの話が元になっています。

 元は12コマで描いた話を4コマに凝縮してパンジーの花の中に閉じ込めちゃったのです。匂いのようにストーリーをふわふわ〜っと感じてもらえたら幸いです。

 今回の私のコーナーはパンジーがテーマで、この他にも小さな作品をいくつか展示します。私は11月22日(日)11時〜15時に在廊します。トークイベント開催時は貸し切りになるなど、ご注意いただくことがありますので、こちらをご覧の上、ぜひいらしてくださいませ~!


*編集後記*

津川聡子作「やっとこ!サトコ なう」「第63話 特別篇「ホテル暴風雨展3」制作レポート」いかがでしたでしょうか。たくらんが「托卵」にも「たくらみ」にも見えてくるどこか不穏なストーリーをこんなにかわいく……変テコかわいい、不穏かわいい、が津川聡子漫画作品の魅力、その世界がそのまま立体や半立体になってしまうのが、フェルトや布絵作品の魅力でしたが、今度は陶製のパンジーに絵付けという新境地! これは楽しみですね♪

「やっとこ! サトコ なう」へのご感想・作者へのメッセージは、こちらからどしどしお待ちしております。

*改めて、イベントのお知らせ*

延期になっていた「ホテル暴風雨」4周年記念リアルイベントが今月19日から開催されます。津川聡子さんはじめ、たくさんのアーティストによる展覧会とトークショーのイベントです。東京・池袋の「ギャラリー路草」にて。新型コロナ感染予防対策をしておまちしております。詳しくはこちらを!

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内>