第104話 パワー

今年の2月下旬に、今住んでいるマンション内の、1LDKから3LDKに住み替えが決まりました。

売り主さんからは、こんな風にも使えるとアドバイスいただきました。

夢の3LDKだというのに、どうもしっくりきません。

この間取りに自分達が住むイメージが湧かないのです。

家族満場一致で、吉ちゃんの部屋以外の壁を全て撤去することにしました。

近所の工務店に、なるべくお金をかけずに、3LDKを1LDKにしてもらえないか相談したところ、とても親切に相談に乗ってくれました。

例えば、エアコンの設置工事が複雑で、家電屋さんでエアコンを買っても取り付けまでは出来ないと言われてしまい、工務店さんから仕入れてもらって設置をお願いしようとしたら…

なんて、ありがたい提案をしてくれます。

そんなある日、私一人で打ち合わせをして、帰ろうとした時に…

そう思って、パワーを送ってもらおうとしたのですが…

ゴルゴ13のセリフを思い出し、たとえ親切な工務店さんといえども、無防備に背後を取られてはならないと思い、

と言って、すぐ切り上げました。

そんな出来事を、てる君に報告すると…

てる君も同じく、「パワー送って良いですか?」と聞かれ、

咄嗟に「はい」と答えたそうです。

そしたら、てる君は30分くらい、パワーを送られ続けたそうです。

(津川聡子 作)


*編集後記*   by ホテル暴風雨オーナー雨こと 斎藤雨梟

津川聡子作「やっとこ!サトコ なう」「第104話 パワー」いかがでしたでしょうか。

パ、パワー……何ソレ!?(しかも30分? てる君の凄さを再認識)と、驚きましたが、サービス満点だしいい人そうだし、素直にパワーもらっときましょうかねサトコさん♪ 壁を取り払った広いオープンなお部屋、地球の回るパワーにもぴったり、素敵な家になりそうな予感です。DIYも楽しみだなあ〜 みなさまも、実録漫画「サトコ一家新居づくり」をどうぞお楽しみに。と勝手に書いてサトコさんを追い詰めてみたりしてな。でもほんとうに楽しみ、ですよね!

「やっとこ! サトコ なう」へのご感想・作者へのメッセージは、こちらからどしどしお待ちしております。

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内>
スポンサーリンク

フォローする