風木一人一覧

慢性腎臓病の療法食にはウェットタイプもある&猫が食べやすい食器

慢性腎臓病の療法食にはウェットタイプもある&猫が食べやすい食器

猫が食べやすい食器を買った。15度の傾斜がついているのが特徴で、使ってみるととてもいい。首の角度が自然で、ムギが食べやすそうだ。ふつうのお皿と並べて出すとまずこの傾斜食器の方へ行く。手前が低く、ごはんが見えやすいのもいいのかもしれない。

高齢猫の食欲増進のためにできること。フード選びと与え方の工夫。

高齢猫の食欲増進のためにできること。フード選びと与え方の工夫。

「慢性腎臓病の猫の食欲増進のために」うちの猫はもうすぐ21歳になる。高齢の猫や腎臓病の猫と暮らしている人に共通の悩みだと思うが、とにかく食べない。いやになるほど小食である。ムギに一粒でも多くのカリカリを食べさせるのがいまのぼくの最大の使命といってもいい。

猫の長寿表彰状。日本動物愛護協会から18歳以上の猫さんに♪

猫の長寿表彰状。日本動物愛護協会から18歳以上の猫さんに♪

日本動物愛護協会が発行している長寿表彰状である。猫は18歳から申請できる。とくに難しいことはないし費用もかからない。該当する年齢の猫さん犬さんと暮らしている方は検討してみてはいかがだろうか。申請してから2週間と書いてあったが4日くらいで届いた。

シニア猫の足がすべる原因は? 爪を切って肉球クリームを塗る。

シニア猫の足がすべる原因は? 爪を切って肉球クリームを塗る。

シニア猫にはよくあるそうなのだが、ムギのツメは分厚くなってしまってちゃんと引っこまない。いつも先端が出ているから硬いところを歩くとかつかつ当る。そして肉球が床を離れツメだけ床にのっている状態のときつるっとすべりやすい。もうひとつ、肉球も

皮下輸液を毎日にした結果はどうだったか?【20歳の猫ムギのブログ】

皮下輸液を毎日にした結果はどうだったか?【20歳の猫ムギのブログ】

約2ヶ月、ムギに毎日ソルラクト100mlの皮下輸液を続けてきた。猫の背中に注射針を刺す作業も、毎日だとあっという間に慣れるものである。何日かに一度だったときは手術にのぞむ外科医のごとく精神集中して「いざ勝負!」みたいな気分だったが、毎日だと

トップへ戻る