風木一人一覧

『猫が30歳まで生きる日』とその後の情報

『猫が30歳まで生きる日』とその後の情報

なぜほとんどの猫が腎臓病になるのか、なぜ治せなかったのか、なぜAIMを使えば治せるのか、宮崎徹教授によるAIM研究の歴史と現状がものすごくわかりやすく書かれている。それだけではない。この本にはさらに大事なことがいくつも詰まっていた。そこに驚いた。

猫の好む室温には個体差がある

猫の好む室温には個体差がある

諸説あるものの夏は26度~28度、冬は20度~23度くらいをすすめている情報が多かった。これは成猫の場合で、子猫は少し高く、老猫は少し低くなるらしい。さらに個体差ももちろんある。人間だって暑がりの人と寒がりの人では快適温度が全然違うものだ。

大切な愛猫とのお別れのとき(2)

大切な愛猫とのお別れのとき(2)

晩ご飯後は二人でムギのそばにいた。かわるがわるそっとなでた。ムギがだんだん毛づくろいをしなくなった分、妻が水のいらないシャンプーで身体をきれいにしたり、くしやブラシで毛並みを整えてやったりしていた。おかげでムギの毛は最後まできれいだった。

大切な愛猫とのお別れのとき(1)

大切な愛猫とのお別れのとき(1)

最後の5日間は食事量がガタっと減って、ほとんど食べなかった。ゼロではないという程度だった。その前までは食べないといっても時々は食べた。好きなもので、気分がよく、おなかもだいぶ減っている、いい条件が重なるとふと食べる気になったのではないだろうか。

トップへ戻る