さがしてみます?

メエサク

こんにちは。

フロントのメエサクです。

フロント係はふたりいますが、地味な方ですよ。みなさま、ご記憶でしょうか?

いや〜、もうひとりのウルミさんの方は、仕事が出来るだとかクールビューティーだとかイケメンだとか言われて、目立ちまくっているんですが、かたや私は、いつ見ても寝てるか起きてるかわからない、あれ、あの時いたっけ?などと言われがちなのです。

あ、こんなことを言うとひがんでいると思われそうですが、そんなことはありません。何を隠そう、私のいちばんの趣味は「埋没」なのです。

私はヒツジですので、群の中で調和を乱さず皆と同じことをする習性があるはずなのですが、昔から、ひとりで行動するのが好きなのです。かといって目立つのは嫌いで、「人と違うことをしているのにそうは見えない」というのが理想です。

同じく高度な社会性を持つ集団生活生物であるオオカミなのに、単独行動が大好きなウルミさんとは実はとても気が合うのです。ま、彼女の場合、「目立つの嫌い」と言いつついつも目立ってしまうので、羨まれていますけれどね。

というわけで、最近気になる人といえば、なんといっても、あんなに派手な服装をしているのに、探そうとすると見つからない「あの方」です。

さがしてみます?illustration by Ukyo SAITO ©斎藤雨梟

さがしてみます?illustration by Ukyo SAITO ©斎藤雨梟

憧れますよね、あのポジション。どうやってあのスタイルにたどり着いたのか、一度お会いしてお話してみたいものです。ホテルにいらっしゃらないでしょうか。お待ちしておりますよ、ウォーリー様。

あの方の「埋没力」もなかなかのものですが、今の私の実力をもってすれば、服をさらに派手にしても埋没できるんじゃないかと考えて、ちょっと冒険してみたのが今日のファッションです。もし本にするなら、タイトルもね、「さがせ」じゃなくて、「メエサクを、さがしてみます?」くらいの方が、一見控えめなようでいてより挑発的でいいですね〜。

こんな格好で誰かに会って「メエサクくん、今日も何だか地味だねえ」なんて言われたらどうしようか、嬉しくてニヤニヤしてしまいます。

この「埋没」という趣味さえ埋没させたいからなのでしょうか、私には実はもっとたくさんの趣味があるのですが、そのお話はまた、別の機会に。

メエサクでした。


もはや説明不要!?メエサクさんが憧れる「あの方」の絵本は、本人だけでなく色々なイベントや隠しキャラを探すのも楽しいのです。

「新ウォーリーをさがせ! (新ウォーリーのえほん)」をamazonで見る

「新ウォーリーをさがせ!」「新タイムトラベラー ウォーリーをおえ!」「新ウォーリーのふしぎな旅」などシリーズ5冊と、プレミアムルーペ(虫メガネ)という楽しいセットも!


「ウォーリーをさがせ!トレジャーボックス 」をamazonで見る

2016年7月現在、最新作はこちらの塗り絵本です。

「ウォーリーをさがせ!THE COLOURING BOOK ぬりえブック」をamazonで見る

メエサクさん初登場の回はこちら

episode 1「謎の部屋が多すぎる」
常連の**さんにも把握できない、ホテル暴風雨の数多い謎のひとつが明らかに!?

意外と派手?な仕事ぶりはこちらもご覧ください。

episode 4 「異星情緒の宿」
今回も、国際色豊かすぎるホテルの様子をお伝えします。常連、**さんのコミュニケーション力が試される!?

フロント係の相棒、ウルミさんのつぶやきはこちらです。

深海をゆく、孤深のひと
お客様に何かと衝撃を与えがち?なフロント、ウルミさんが、自称「地味な趣味」について語ります。地味……かどうかはかなり疑問が残りますが、とても楽しそうです。

「ホテル暴風雨の日々」続きをお楽しみに!暴風雨ロゴ黒*背景白


トップへ戻る