第33話 なんの死骸?


津川聡子作「やっとこ!サトコ なう」「第33話 なんの死骸?」いかがでしたでしょうか。

少しずつ大きくなるというところが、じわじわ来る最大の恐怖ポイント、ちらりとのぞくその姿は寝転んだ小さな坊主頭の後ろ姿にも見えて、まるで現代の妖精……いや妖怪か。しかしこの妖怪、結局いなくなってしまったの? どこかでサボテンの花を咲かせているの?

「やっとこ! サトコ なう」へのご感想・作者へのメッセージは、こちらからどしどしお待ちしております。

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内>