第61話 じぃちゃんの喉仏(後篇)


津川聡子作「やっとこ!サトコ」第61話、いかがでしたでしょうか。

たくさんの思い出を残して、じぃちゃん、煙と共に去りぬ。
こんなに長く覚えていることになるとは思わなかった、という記憶が時々ありますが、それは日々密かに生産されているのだと、サトコにそっと耳打ちされるようなエピソードでしたね。

「やっとこ!サトコ」へのご感想・作者へのメッセージは、こちらからお待ちしております。