オオカミになった羊(後編3)by クレーン謙

誰にだって、なんだか気になる相手というのが居ます。
それが、子供の頃に仲がよかった相手なら、尚更です。
そのような相手とは、会わなくなっても、いつかは再会する運命なのではないでしょうか?

ーー羊村の元老院の会合で、ショーンはミハリの名を実に久々に耳にします。
ミハリという新しい指導者がオオカミ族の実権を握ったらしい、という知らせが元老院に届いたのです。
ショーンは、その知らせを聞いても、さほど驚きはしませんでした。
ミハリほど頭がよく、魅力あるオオカミならばいつかは頭角を表すだろう、とショーンは思っていました。

元老院の会合では、この所悪化していたオオカミ族の事が話し合われていました。
羊村は農作物や工業製品の輸出で潤ってはいたのですが、塀の外に居るオオカミ族が障害となっていたのです。
交易ルートはオオカミ族の支配下にある為、羊村の商隊がオオカミ族の襲撃を受ける事は度々でした。
会合では、オオカミ族を討伐すべきかどうかが議題になっていて、意見はふたつに分かれていました。

村の老羊たちはオオカミは聖なる動物で、羊村を守護していると信じており、オオカミを討伐する事には反対しています。

「……いかにオオカミが獰猛とはいえ、伝説によれば、オオカミは身を犠牲にして我らが村を守っている、と言われておる。オオカミ族は我らが守護神なのじゃ。討伐するなど、もっての他」

「それは、ただの伝説でしょう ? 現にオオカミは我らの商隊を襲っているのですぞ。ヤツらが守り神とは到底思えませんな」
とこのように、いつも会合は相反する意見で割れており、いつ終わるともしれぬ論戦が繰り広げられます。
羊村の村長ショーンは、オオカミ族討伐には慎重である為、老羊たちの唱える伝説の事はいつも尊重していました。
なので、反対勢力がいかに強く主張をしても、実際にオオカミ族討伐が行われる事はありませんでした。

ーー会合室の片隅で、その様子を言葉発する事なく見守る恰幅のよい羊が居ました。
羊村の通商大臣、ヘルメスです。
羊村原産の香草茶をすすりながら、ヘルメスは皆の話を聞いています。

若い頃、苦労羊であったヘルメスは農作物の交易で成功を収め財を成し、その手腕を買われ羊村の通商大臣に任命されました。
現実主義者であるヘルメスは、村の老羊たちが言う伝説なんか全く信じていないのですが、それをこの場で口にする訳にはいきません。
依然として、羊村の大地主や農場主の間では保守的な考えが支配的で、彼らに反対意見を述べる事はすなわち、自身の商売に不利となってしまうのです。

ヘルメスにとっての関心事は、自分の商売が更に繁盛し、ヘルメス家が発展を遂げる事なのです。
ーーヘルメスには15匹の子羊がいます。
ヘルメスはいずれは、子供達を文化レベルがとても高いと言われるメリノ王国に留学させたいと考えています。
その為には、もっともっと稼がないといけません。
となると、ヘルメスにとって商隊を襲撃するオオカミ族は、やはり障害でしかないのです。

決して口にはしませんが、ヘルメスはショーンの平和主義、理想主義には辟易していました。
ショーンはいつかは、オオカミ族と和解できると常に言っているのですが、所詮、理想は理想。
そんな事が言えるのは、ショーンは大農場の子息で苦労知らずだからだ、とヘルメスは思っています。
「……フン、ヤツはいかに世の中が大変なのかを知らぬだけなのだ。現実を見ておらぬのだ」
かつて苦労羊だった、成り上がりのヘルメスは心の中でそう言いました。

実はというと、ヘルメスは密かに村の反対勢力と手を結んでおり、メリノ王国から大量の銃と弾薬を輸入していました。
オオカミ族討伐に赴く体制は、完全に整っていました。
ーーあとは、ちょっとしたきっかけがあれば、ヘルメスは彼らに号令をかけるつもりなのです。

ヘルメスは懐中時計を取り出し、そこに貼ってある写真を見ます。
ーーそれはヘルメスが溺愛している末っ子の娘の写真で、幼いながらとても美しい羊でした。
ヘルメスは、彼女が成羊となり花道を歩く姿を想像します。
その姿さえ見届ければ、あとは死んでもいいとヘルメスは思っていました。

「ーーそれには、やはりオオカミ族を滅ぼさねば」
へルメスは心の中でそう呟き、懐中時計を胸ポケットにしまい込みました。

――――つづく

☆     ☆     ☆     ☆

※「RADIO CRANE’S」へのご意見ご感想をお待ちしております。こちらから

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・漫画・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter