版画とちいさなおはなし(13)

「ねむりきのこ」

「ねむりきのこ」

ある晩、森のはずれに閃光が迸り、耳をつんざくような音がきこえました。
よくあさ、動物たちがそのあたりに行ってみると、たいそう大きなきのこが、空に向かってそびえていました。
日が高くなり、あたたかくなってくると、かさのうらのヒダがひらき、ちらちらと金色の胞子が降ってきました。
その胞子に触れると、みんなとたんにまぶたが重くなり、そろって夢を見たのです。
とほうもない時間を旅してきた、宇宙きのこの見てきた景色。

(版画・服部奈々子/おはなし・芳納珪)

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・漫画・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter