『うまそうだな、ねこ』シンゴジラの原作絵本――嘘。でも似ている。

【amazonで見る】

『うまそうだな、ねこ』(松山美砂子・さく 架空社)

映画「シンゴジラ」を観たとき思い出したのがこの絵本。共通点は「個体進化」です(笑)。

いつもいつも、ねこにいじめられていたさかな。でもあるとき立場が逆転します。さかなは進化し始めたのです。それも急速に。

陸に上がり、足が生え、牙が生え、巨大化します。さかなの長年の憤懣が呼んだと思われるこの奇跡を、松山美砂子さんは見事な説得力をもって描いています。
読者は、夜ごと進化を遂げるさかなを、ねこと共にドキドキしながら目撃することになるでしょう。

強くなり自信をつけたさかなのセリフがクール。「そろそろ二本足で歩いてみようかと思ったのさ。進化ってそういうもんだろう?」

二本足で走り回る姿は、もはやさかなとは思えません。恐竜か怪獣のよう。そして遠くまで響く声で歌うのです。

「うまそうなねこ おれさまがいつか食べるねこ きょう喰おうかな あした喰おうかな」

さあ、ねこは食べられてしまうのでしょうか?

絵本にしては文章量が多いのですが、巧妙な画面構成でそれを感じさせません。白地と黒地の対照が鮮やかです。

ユーモラスでちょっと怖いお話は、洒落たエンディングを迎えます。お楽しみに。

☆     ☆     ☆     ☆

「絵本作家の仕事 by 風木一人」は毎週月曜更新予定です。

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・漫画・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter


トップへ戻る