『ジャズドッグ こいぬのハリーがゆめみたおんがくかい』

『JAZZ DOG ジャズドッグ~こいぬのハリーがゆめみたおんがくかい~』
マリー・フォークト 作 ひびのさほ 訳 世界文化社

まず設定がユニークで面白いのです。
「いぬはみんな、ロックが好き。ねこはみんな、ジャズが好き」
そんな世界で子犬のハリーはジャズに惹かれます。犬仲間がみんな好きなロックではなく。

「ぼくがすきなおんがくは みんなとちょっとちがうみたい」

こういう悩みを持ったことのある人は多いでしょう。というか持ったことのない人はあまりいないでしょう。だって私たちは一人ひとり違う人間なんですから。
そのときどうするか。それが問題です。みんなに合わせる? でもそれで本当に幸せになれるのでしょうか?

ハリーはなかなか勇気のある子犬です。
「みんなに へんなめで みられても へっちゃら」
笑われても気にしないで自分の道を進むのです。
ハリーの行動は波紋を呼びます。犬はロック、猫はジャズ、と決めつけていた世間の常識が揺らぎはじめます。

一人の勇気がみんなを変える。そういうことはあると思います。絵本の中だけではなく現実にも。それはみんなの中にも変わりたい気持ちがあるからです。
もっと自由に、もっと自分らしく生きたい。でもまわりが気になって抑えてしまう。我慢してしまう。
そんなときハリーのような人を見たら「我慢しなくていいんだ。空気読まなくていいんだ。素直に自分らしくしていいんだ」と気づくきっかけになるはずです。
でも、みんなが空気を読まず心のままに生きると社会がバラバラになってしまうと思われるでしょうか?
そうではないということをこの絵本は描いています。一人ひとり違う個性が集まってこそ豊かなハーモニーが生まれるということを。

空気を読めという圧力がすっかり強くなってしまった今の日本では特に大事なテーマかもしれません。

「好きなものを好きと言っていいんだよ」
「まわりと違ってもいいんだよ」

子どもたちにそう言ってあげたいですよね。そのためにはまず私たち自身が自由にのびのび生きることなんでしょうね。

絵本「ジャズドッグ こいぬのハリーがゆめみたおんがくかい」

【amazonで見る】

翻訳のひびのさほさんは、私の最初の訳書『とりとわたし』の共訳でお世話になった方です。もう10年前になるとは。月日の経つのは早いものです。

絵本「とりとわたし」

【amazonで見る】

『とりとわたし』ケビン・ヘンクス作 ローラ・ドロンゼック絵
風木一人・ひびのさほ共訳 あすなろ書房

☆     ☆     ☆     ☆

来る11月24日(日)に開催される第二十九回文学フリマ東京ホテル暴風雨絵画文芸部が初参加します。

メンバーは浅羽容子さん、松沢タカコさん、クレーン謙さん、芳納珪&服部奈々子さん、斎藤雨梟オーナーです。全員参加のアンソロジー『エブン共和国~幻惑のグルメ読本』などを販売します。ぜひご来場くださいませ!

於:東京流通センター 11:00〜17:00 入場無料
ホテル暴風雨 絵画文芸部のブース番号は「コ−27」です。よろしくお願いいたします。

☆     ☆     ☆     ☆

※当ブログが電子書籍になりました。
『プロの絵本作り~本気で絵本作家を目指す人に~』人気記事に書き下ろしを加え、amazonで独占販売中(税込み250円)。専用端末の他、パソコンやスマホでもお読みいただけます。

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・絵本論など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter


トップへ戻る