よき寝落ちライフのために ねむフクロウ4

みなさまこんにちは。

本は寝転んで読んだ時が一番よく頭に入りますね。

眠り保険 ”sleep insurance” とでもいうのでしょうか(無意味に英語で言うのが流行中です)、眠くなった時にいつでもゴロンと眠れるということが、リラックスできて集中もできる場所として必須な気がします。眠りが妨げられやすいので余計な音がしなくて、肌が弱いので肌触りの良いタオルやシーツがあって、嗅覚過敏なので気になる匂いがせず、鼻炎なのでホコリのない場所。そして寝転べるスペースがあって寝落ちフリーでこそ徹夜で集中もできる安心安全な場所。結構うるさいですねこうして挙げてみると。

畳の部屋やふかふかのラグ、大きなソファもいいですがハンモックには特別の憧れがあります。家の中にハンモックを設置するには、梁などからぶら下げる吊り下げ型だけでなく、スタンドのついた自立型もあって便利です。

みなさまもおひとついかがですか。

Amazonで見る


本記事やホテル暴風雨へのご意見・ご感想、作者へのメッセージはこちらからお待ちしております。

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内>


スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る