眠気のような鬼、汗のような滝 ねむフクロウ5

こんにちは。孟浩然の傑作「秋暁」”秋眠暁を覚えず〜がまだ見つからないのはなぜでしょう。ねむフクロウは今日も眠いです。私も眠いです。

以前知人が、とても暑かった日に「今日はすごく暑い、もう滝が汗のように出る」と言っていたのが面白かったです。もちろん意図したのは「汗が滝のように出る」であってただの言い間違いでしょうが、このまま日本の熱帯化が進み、滝のような汗を流して歩くのが夏の常態となれば、滝を初めて見た子供などが「すごい! 汗みたいに流れてる!!」という感想を持ってもおかしくはないでしょう。

私自身、実物の「バール」(事件現場で発見された被害者がこれに類したもので殴られていがちな工具)や「走馬灯」(死ぬ前に思い出が再生されがちな回転式アナログメディア)を見たときには、「おお、これがあの有名な!」と感動したので、近いセンスはすでに持っていますし、私だけの話でもないはず。


本記事やホテル暴風雨へのご意見・ご感想、作者へのメッセージはこちらからお待ちしております。

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内>


スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る