〈赤ワシ探偵シリーズ2〉ニフェ・アテス第七話「銀猫人」

「アレキセイ・トトノフスキイ!」
ジョーが、うなるように言った。
「思い出しました。十年ほど前に音楽アカデミーを追放された、あのトトノフスキイですか。追放の理由は公表されませんでしたが、噂では異端の研究に手を出したとか。こんなところに住んでいたとは」

私は呼び鈴を押した。キンコン、と簡素な音が鳴り響く。
返事はない。
もう一度押す。
ドアの向こう側に、何かが近づいた気配があった。私は耳をそば立てた。
しかし、相変わらず応答はしてこない。扉一枚隔てて、見えない相手との間に緊張感が高まった。こんどは呼び鈴ではなく、直接声をかけようとしたとき——

「今、取り込み中です。お引き取りください」

よく通る美しい、大人の女性の声だった。

「ああ、ちょっとお聞きしたいことがあるのです。お時間は取らせません。ドア越しでも構いませんから」
「お話しすることは何もありません!」

ぴしゃりと返された。有無を言わせぬ響きである。
さてどうしたものか……と逡巡する気持ちを共有しようとして、ジョーを見た。すると彼は、私の耳に口を寄せて、ある提案をささやいた。

「……ふむ、そうか。では、やってくれるかい」

こちらもささやき声で返すと、ジョーはポケットからおもむろにブルースハープを取り出した。
立体都市の構造体や配管が露出する錆びついた裏路地に、むせび泣くような音色が流れ出す。

壮大で、あたたかく、胸をしめつけられるように懐かしい。
仕事中であることも忘れて、聴き入ってしまいそうになった。
これが。この旋律が。
『ニフェ・アテス』。
一度聞いたら忘れられない、とジョーは言った。その通りだと思った。

繰り返しが三回目になったとき、ドアが細く開いた。
その隙間から、低いスキャットが流れた。たった今、ジョーが吹いた部分を追いかける格好だったが、メロディが微妙に違っていた。ハープの音が止んだ。

「正しくはこうよ」

スキャットの声はそう言うと、同じところをもう一度繰り返した。
隙間が広がって、声の主の顔が見えるようになっていた。

一瞬、シロ、と呼びかけそうになった。
月光のように輝く白銀の毛並み。澄んだ青い瞳。
表情には隠しようのない生活の苦労がにじみ出ているが、たたずまいは凛として美しい。
匂い立つような気品をまとった銀猫女性は、かつて舞台でスポットライトを浴びていた姿を彷彿とさせた。

(第八話へ続く)

☆     ☆     ☆     ☆

光文社キャラ文庫『天ノ狗』(芳納珪・著)全国書店・ネット書店で好評発売中!

『天ノ狗』作・芳納珪

『天ノ狗』作・芳納珪【amazonで見る】

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・漫画・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter