「 真言諸経 」一覧

<カテゴリー解説>ここでは弘法大師空海が日本に持ち込んだ真言宗で用いられる様々な経典を超訳にてご紹介します。
「真言」とはつまり「仏様の真理を言語化したもの」というわけで、サンスクリット語そのままを呪文のように唱えたりするものが多いのですが、空海本人による解説や彼に続く先師たちの残した言葉など、なるべくわかりやすいものを選んでみました。
一般的な「お経」のイメージからかけ離れたものばかりですが、「お寺の本堂などに置かれている折りたたまれた経本にはこのようなことが書かれているんだなぁ」と思って楽しんでいただければ幸いです。