ロジャー・ウォーターズの新作ライブ映画『Us + Them』日本公開11月30日!

元ピンクフロイド、ロジャー・ウォーターズの新作ライブ映画『Us + Them』が公開されるというニュースを知ったのは今年の7月だったろうか。
2014年のライブ映画『Roger Waters:The Wall』が比類なく素晴らしかったので、すぐチケット情報を得るため公式サイトに会員登録した。

2019年の10月2日・6日の二日間だけ全世界同時公開との発表だった。新作映画を二日間限定で公開というのは極めて珍しいやり方だが、『Roger Waters:The Wall』のときは一日だけだったからこれでも増えたのである。

ところが、世界各地の上映館情報がアップされていっても、日本の情報は待てど暮らせど出てこなかった。
10月2日が迫り、これは日本公開はないのかとあきらめかけた。
たしかにロジャー・ウォーターズの日本での人気は今一つで、2002年の唯一のソロ来日公演も東京国際フォーラムという5000人の会場が完全には埋まらなかった。アメリカで巨大ドームが埋まるのとは格段の違いがあるのだ。

そこへ9月25日になって

「One week to go! Get Ticket! 」

というメールが来た。

そんなこと言っても日本ないじゃん、台湾かロシア行けっていうの、とサイトを見たら、なんと日本公開情報がアップされていた!

埼玉、静岡、仙台、京都、大阪、札幌、6都市の映画館での上映が発表されている。
しかし10月2日・6日ではない。
11月30日(土)だ。

映画『Us + Them』公式サイト

発売日は coming soon でまだ買えない。
現時点では、上映館が東京などに拡大するのかはわからない。
なぜ全世界に2か月近く遅れるのかも不明。

それでもとにかく映画館で見られそうなのは嬉しい。ひかえめに言っても激烈に嬉しい。
大スクリーンで観るべき映画なのは『Roger Waters:The Wall』の経験からも間違いないのだ。

明日が10月2日。日本以外のファンはいよいよ『Us + Them』を観られる。
日本以外のファンは(笑)。

まあいい。
わたしは11月30日(土)を「あらゆる予定をキャンセルして」待つことにする。

『Roger Waters:The Wall』

2014年のライブ映画。これはすごかった。【amazonで見る】

たまたまだが、11月29日は川崎クラブチッタで原始神母のライブがある。
『Us + Them』と2日連続ピンクフロイド・デーだ。

原始神母をご存じない方はぜひわたしの暑苦しいライブレポートをご覧いただきたい。

「原始神母 Pink Floyd trips ライブレポート その1~その5」

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter