人生は、ほぼ3万日。

シャルルと呼んでくれたまえ、わたしのことは。
自己紹介は面倒だからしない。
たいていのことはそのうちわかる。
わからないことはわからないでいい。

それより、

日齢(にちれい)をご存知だろうか?

何年生きてきたかが年齢。20歳の娘。100歳の老人。
何ヶ月生きてきたかが月齢。10ヶ月の赤ちゃん。
そして、何日生きてきたかが日齢だ。
1歳の誕生日を迎えた子が、ちょうど日齢365。

これを意識している者はなぜかとても少ない。
自分がこれまで何年生きてきたかは知っていても、
何日生きてきたかはまず知らない。
そうではありませんかな?

計算しないでよろしい。そんな面倒くさいこと!
コツコツ計算しなくても、いいサイトがある。
たとえばこちら
生年月日を入れるだけ。おや、まあ! 0.1秒で日齢がわかる。

何日でしたかな?
ちなみに1万日生きたら、つまり日齢10000は、27歳4ヶ月と17日だ。
日齢20000は、54歳9ヶ月と3日。
日齢30000は、82歳1ヶ月と19日。

誕生から1万日、2万日、3万日目の日を、
万日誕生日と呼ぶことにしよう。
これはふつう、一生に3度までしか体験できない。
(109歳を超えるミラクルな人は別)
とてもきりがいいし、きわめて特別な日と言えるだろう。
これほど特別な一日を、気がつかずに過ごしてしまうのは、
あまりにも惜しい。

これを祝う習慣が広まればいい。

27歳、54歳、82歳、の家族・友人がいる人は、
彼らの万日誕生日を計算して(さっきのようなサイトでね)
サプライズプレゼントなどしてみるのはいかがだろう?

日齢というものを知ってから、
わたしは千日ごとの記念日を計算し(3年弱に一度やってくる)
書き出し、意識するようになった。
ささやかにお祝いもする。
いずれくる2万日誕生日はやや盛大に祝うつもりである。

3万分の1日を、今日もわたしは生きているのだ。

☆    ☆    ☆    ☆

一日は、地球が地軸を中心にくるりと一回転する時間。
一年は、地球が太陽のまわりをぐるりと一周する時間。

それらを数えるのは、星と人を結びつける、昔の人の叡智と言えよう。

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter


スポンサーリンク

フォローする