〈赤ワシ探偵シリーズ1〉フロメラ・フラニカ第八話「レオネ」

「声をすな」
背後から浴びせられた言葉は、とても滑舌が悪かった。

私は落ち着いて返事をした。
「騒ぎ立てたりしませんよ。でも、せっかくですが、このネクタイは私には似合わないようだ。ほどいていただけませんかね、お嬢さん ヽヽヽヽ

少し間をおいた後、首に巻きついていた湿っぽいものは、ずるずると緩んで離れていった。
私は振り向いた。
路地の奥には誰もいない。薄汚れた壁があるばかりだ。

だが……
その壁の汚れは、人の形のようではないか。

そう気がついた途端、汚れは壁から浮き上がって、厚みのある人間になった。
灰色のコートを着た若い女が、そこに立っていた。女は、粘着性のある長い舌を口の中にしまった。
見かけは原地球人だが、景色と同化し、舌で獲物を捕まえるカメレオン特性を持っているらしい。

「話があるの」
女は意思の強そうな目でこちらを見据えた。

「ちかごろでは、話をする前に首を絞めるのが作法なのですかな」
「いつでもあなたを拘束できることを見せたのよ。そうでなければ、小娘の話など本気で聞かないでしょう?」
女はそう言うと、口を開けて舌を見せた。
私は肩をすくめて、路地の出口へ向かった。

挿絵:服部奈々子

挿絵:服部奈々子

「私はレオネ。花恵はなえ――ここへ来た水星人の妻の名よ――は親友なの。連絡が取れなくなったので、心配して探していたら、赤ワシが水星人の死体をぶら下げて飛んでいたという噂を聞いたわけ」
「死体じゃない」
「そう、それはすぐにわかったわ。水星人は花恵の捜索を依頼しにあなたのところへ行き、そこで倒れた。あなたは中途半端に依頼を受けてしまったけれど、その後、依頼人は面会謝絶になってしまった。……私、いろいろなことを知ってるのよ」
「そうだろうな。きみは保護色になって、こそこそ私をつけ回していたというわけか」
「だって、探偵は守秘義務があるでしょう? だから、正面切って聞いても、教えてくれないと思って」

私はカメレオン女のレオネを探偵社に招き入れ、コーヒーを飲みながら話を聞いていた。コーヒーが飲めないという彼女には、水を出した。
レオネは自分で「小娘」と表現したように、まだあどけなさの残る娘だった。「舌足らず」ならぬ「舌余り」とでもいうのか、独特の粘りつくような喋り方だ。

「軌道上、って言ってたわね」

不意を突かれて、私はコーヒーを吹きそうになった。
図書館から出て歩きながら紙魚たちと話していたとき、つい声が大きくなってしまったらしい。

「そこに花恵がいるの?」
「それはわからん」
「でも、手がかりはそれしかない。依頼人には何も聞くことができない。あなたには探偵としての意地がある」

レオネのいうとおりだった。
水星人の容体はかなり悪いらしい。もしも、尋ね人を探し出せないまま依頼人が死んでしまったりしたら、こんな後味の悪いことはない。

小娘に図星をつかれ、苦々しい思いでコーヒーをすすっていると、その小娘がとんでもないことを言った。

「私のプライベートシャトルを使えばいいわ」

私はまた、コーヒーを吹きそうになった。

(第九話に続く)

☆     ☆     ☆     ☆

【告知】「ホテル暴風雨」が3周年を記念して2週間だけ池袋に出現します。5月16日~5月28日。26名による展覧会と、絵本作家・小説家・編集者による6つのトークショーです。トークに芳納珪さん展覧会に服部奈々子さんが登場します! 詳細は<こちら>

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・漫画・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter