版画とちいさなおはなし(4)

「天文鳥」

「天文鳥」

大きな大きな天文鳥が飛んできたので、村人たちは提灯を振って広場にみちびきました。
地面に降り立った天文鳥は、ひどい声でギーッと鳴きました。
明かりを食べる天文鳥のために、人々は交代で、くちばしの前で行灯を灯しました。
やがて夜になりました。
鳥の背中に生えた大きな木が、吸い込まれるような暗さになっていきました。
その中に星がひとつ、またひとつと現れ、星図を描き出したのです。

(版画・服部奈々子/おはなし・芳納珪)

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・漫画・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter