版画とちいさなおはなし(23)

服部奈々子 木版画

雲笛(くもぶえ)

うちの雲がいよいよ古くなってきたようで、歩くとたまに陥没したりする。
危ないので、新しいのと取り替えることにした。
雲笛を使うのは十年ぶりだ。大きく息を吸って、思いきり吹く。

ふぃろろろ〜ん

さわやかな和音が響きわたる。
猫とシシヤギが、雲笛を吹く私を見守る。
一時間も吹き続けて、ようやく手頃な大きさの雲がひとつ寄ってきた。
私は汗だくになっていた。

「今度は桃色だね」と猫が言った。
「引越しだね」とシシヤギが言った。

私は桃色の雲をしっかりと舫(もや)ってから、ひと息ついた。
家と庭木を移すのは明日にしよう。

(版画・服部奈々子/おはなし・芳納珪)

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・漫画・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter