版画とちいさなおはなし(10)

「遠いメロディ」

「遠いメロディ」

風向きが変わって、またあの曲が聞こえてきた。
ぼくがうんと小さいときから、毎年同じ時期、同じ曲。
笛のようでもあり、人の声のようでもある。
ここいらでは聞いたことのないメロディ。
いったい誰が奏でているのだろう。
ずっと知りたくて仕方なかった。
ぼくは、決心した。今からたしかめにいく。もう大人だから。
あの木のむこうまで、歩いていけるんだ。

(版画・服部奈々子/おはなし・芳納珪)

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・漫画・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter