版画とちいさなおはなし(30)

「われらの王が目覚めるとき」

白い羽毛がふわふわと舞い落ちてきた。
丘のてっぺんの木立の中から、ふーっ、 ふーっ、と息をするようにふきだしている。

ふもとの村から様子を見に行ったものたちが、興奮して戻ってきた。木立に守られて眠る王の、閉じられたまぶたが動いているという。

村はにわかにあわたただしくなった。

村長の指示のもと、ありったけの薪を集めて湯をわかし、沐浴の準備をととのえる。
鍋いっぱいにヒエの粥を作る。
柔らかい枯草で、上等の寝床を編む。

百年ぶりに目覚める王は、どんな言葉を発するだろうか。

(版画・服部奈々子/おはなし・芳納珪)

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・漫画・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter